2011年05月28日

1Q84 (村上春樹)


IMG_3744_R.JPG

僕は軽いハルキストなので、
この1Q84も出てすぐに読もうとしたんだけど、
ハードカバーは読みにくいし場所を取るから、
小さい単行本が出てから読もうと思っていた。

この前、Amazonで単行本、
という言葉が目について勢いで買ったんだけど
残念ながらハードカバーだったようで
ちょっとがっかりしたけどまぁ買ってしまったので、
とりあえず読むことになったのです。

4月くらいから読み始めて、GWの最終日に読了。



※以下、一部ネタばれあり。

・読んでみて、予想はしていたけど、やはり「ちょうど読みたい本」だった。
で、今回のは、主人公達は自分と同い年で、
会社のある街が出てきて(用賀)、
いつかは読んでみたい大長編のタイトルが出てきたりと
なんというか親近感を持ちながら読むことになった。

・この本が出た時に、基というかネタとなった
ジョージオーウェルの「1984」も読んでいて
1984の世界がうまく溶け込んでいたように感じた。

・「死者」から出てくるリトルピープルが出現する
「1Q84」という不思議な場所。
死者との交流(←ありえない言い方だけど)はよくある話だけど、
1Q84では、生きている世界と死者の世界の中間の世界を設けて
「眼に見えないけど存在する何か」との関わり方を示しているのかなぁ、
と読んでいる時に思った。




posted by 色人 at 00:54| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

【アニメ】 化物語


まどか☆マギカを見ている時にずっと気になっていた
『化物語』をコンプリート!

・これもね、なかなか面白いアニメでした。
・男の子は主人公(あららぎくん)と忍野メメだけで、
 後は化物(蟹とか蝸牛とか)に関係した女子が
 それぞれの萌えを持って登場してくる。
・ちょっとシリアスな雰囲気もあり、全体的にトーンが好き。
・2周目だと、いろんな伏線がよくわかって、別な面白さがある。
戦場ヶ原ひたぎのキャラ(ツンデレ)と声優(暁美ほむら)が最高すぎる。
・エンディングがすごくイイ歌。
  ↓↓↓
ED:君の知らない物語





posted by 色人 at 00:55| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

【用賀グルメ】 多国籍居酒屋 MACHA KitCheN


http://ameblo.jp/daii-furniture/entry-10846819504.html
2011/04/01にオープンした食堂。

会社から歩いてちょっと行ったところの、
目立たない場所にあるんだけど、
ご飯を食べることを生きがいにしている後輩が見つけたので
ランチと夜の飲みで行ってみました。
youga_oisii写真 1 (5).JPG


ランチでは、なんだっけ?
サーロイン丼みたいなのを注文。
かなりうまい(^^)
youga_oisii写真 1 (4).JPG
他の人のも、味がそれぞれ違ってどれも美味しそうだった。


(別な日に)
夜もいろいろ注文したけど、5品目くらいでわかった…
ココはなんでも美味しい!ほんとに美味しい。
youga_oisii写真 1.JPG

youga_oisii写真 1 (3).JPG

youga_oisii写真 1 (2).JPG

用賀なんてほとんど来ることないと思うけど、
(あるとしたら友達がいるか、砧公園に行くか、くらい)
来ることあれば、ぜひココに行ってみてください〜
自分は会社帰りに寄れるので、
きっと今後も行くことになるんだろうな〜




posted by 色人 at 00:44| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

GW末は大人数で温泉


GW末、去年の4月〜9月まで教えていた新人たちが
温泉旅行に行くといい、自分も誘われたので、
基本は断らない精神で
引率の先生的な気分で行ってきました〜

The 草津温泉  ←初めて行った


白糸の滝

途中に立ち寄った滝。
旅行はやっぱりこういうのを見ないとね。
IMG_3698_R.JPG

IMG_3700_R.JPG

きのこ汁といわな(?)が、バカ高いけど、美味しい☆
IMG_3696_R.JPG


お昼は名物のそば系

IMG_3706_R.JPG


大滝乃湯

宿についた後は、近くにある温泉へ。
自分はさっとあがったけど、長く入った人は
湯あたりしたみたいだった。
IMG_3712_R.JPG


湯の花

温泉を空気に当てて、お風呂に使える温度に冷やしているらしい。
温泉の、主に硫化系化合物(?)が岩に付着して
キレイ(?)なお花のように見える、か?
IMG_3724_R.JPG

IMG_3714_R.JPG

IMG_3722_R.JPG


かなり豪華なホテル

IMG_3725_R.JPG

IMG_3707_R.JPG


夕食は超高級なバイキング

まぁ、すぐお腹いっぱいになるからあんまり食べられないんだけど。
IMG_3727_R.JPG

IMG_3728_R.JPG


夜は部屋飲み会

敬老会(新人なのに若くない連中)から日本酒がたくさん持ち込まれた。
一本5千円のやつが一番飲みやすかったかも。
IMG_3730_R.JPG

IMG_3731_R.JPG



湯釜

帰りには、湯釜を観光。風強すぎ。
エメラルドグリーンの不気味で奇麗なカルデラ湖。
IMG_3737_R.JPG

トレイの水が凍らないように、蛇口がない水道。
IMG_3735_R.JPG

IMG_3736_R.JPG


沖縄旅行札幌旅行に続き、区切りとなる
記念すべき旅行でした〜(^^)






posted by 色人 at 00:39| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

上野飲み


久しぶりに上野で武道系飲み(2人だったけど)

ここは海鮮系のお店で、刺身や焼き物がすごく美味しい。

上野 アメ屋横丁 トロ函

大量のうに・いくら、それとマグロの焼き物。(自分で焼く)
IMG_3676_R.JPG

巨大ほっけ
IMG_3677_R.JPG

マグロの巻き物
IMG_3679_R.JPG

デンキブランは、結構好きかも
IMG_3680_R.JPG


2次会は、にゃんにゃん系に行こうとしたけど、
その店のキャッチがすごくイヤな感じだったので、
あきらめて、普通に飲むことになった。
もう一人合流したし、ちょうどよかったのかも。

ビアハウス ホッペルポッペル

ここも何度か行っているけど、かなり良いお店。
(ただ、メニューが一部変わっていたのが残念)

IMG_3683_R.JPG


IMG_3684_R.JPG

IMG_3687_R.JPG







posted by 色人 at 00:37| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

【向河原グルメ】 中華料理 味元


IMG_3742_R.JPG

みそラーメン+餃子
IMG_3743_R.JPG

ラーメンの方は、脂・味の濃さともになかなかよい。
ただ、麺がちょっと残念だったくらい。
餃子の方も、ニラとニンニクががっつり入っていて
両者を合わせると、濃ゆーい感じになり、
そういうのが好きな人にはいいかもしれない。
(ジロリアンにはまったく物足りない、と思うが)




posted by 色人 at 00:56| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

テンペスト (池上永一)


ドラマ化されるので、その主人公の仲間由紀恵 の表紙
IMG_3519_R.JPG

ニ重表紙
IMG_3520_R.JPG

中絵
IMG_3292_R.JPG


琉球王朝のお城(=首里城、文化・政治の中心)で働くために
天才的な頭脳を持っている美人の真鶴が
宦官のフリをして王朝内部に入り込み、周りを振り回し
波乱の渦の中心になり、琉球王朝の最後を迎えるお話。

ちょうど4月に行った沖縄旅行(【沖縄】 【四日目】 首里城〜玉陵)
の前に読み始めたせいもあって、すごく楽しく読めた。
話のテンポもよく、色々な展開が待っている。
夢に向かう姿や、現実と向き合う姿などを見つつ
笑う場面も多くて、飽きさせない。
主人公は女でありながら去勢した男子として
ふるまっている所が面白いが、一番は
真美那のキャラクターかな (読んでみてください)

あと、琉球の用語
(ウーチバラ、うなじゃら、あごむしられ、ノロ、ペーチンなど)
が最初は難しいけど、情景と合わせると
古代の琉球王朝の雰囲気が伝わってくるような気がする。

オススメですので、ぜひ一読どうぞ。

同じ著者が、シャングリ・ラを書いているので、
(アニメはいまいちだったけど)それも読んでみようかな〜













posted by 色人 at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

【アニメ】 魔法少女 まどか☆マギカ


OP: コネクト


ED: MAGIA



前のエントリでも紹介したけど
この「魔法少女まどか☆マギカ」は本当にすごいアニメです。
まれにみる面白さ。

魔法少女という先入観で見ると、3話くらいから
おや?と思うような展開になっていく。
その辺りから、OPよりもEDの方がこのアニメの
雰囲気をよく現しているように思えてくる。
後半に進むにつれて、物語もどんどん暗くなっていくし
きゅうべえがむかつくようになる。

地震の影響で放映が一時休止しちゃったけど、
4/21(木)の深夜(27時頃)に3話一挙放送なんてやってくれて、
もちろん、自分も起きてみました。
同じ状況(深夜にアニメを見ているサラリーマン)におかれている
人のTweetなどを見つつ(→ハッシュタグ
最後まで見るとそこには希望と感動があった。
最後まで見て初めて、OPの意味がわかってくる。

これは普通の魔法少女アニメではないですよ。
とにかく一回、見てほしい



【作業用BGM】 魔法少女まどか☆マギカ 音楽集




posted by 色人 at 00:56| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

宇宙機のエレクトロニクス


宇宙空間で稼動する情報システム、たとえば
宇宙ステーション、宇宙輸送機、人工衛星、探査機などは
地球上とは異なる環境において、安全で確実に動作する必要がある。

station_space.jpg

「安全で確実」とは、
ソフトウェアの残バグやハードウェアの故障率の低さ
といった品質だけではなく、宇宙空間固有の問題にも
対応している状態をいう。

宇宙空間は大気圏内とは違い、
宇宙線(α線、中性子線、陽子線、重イオン線など)が
たえまなく宇宙機を通過していく。
この宇宙線の主な原因は太陽風や銀河宇宙線。

sunsunsun.jpg


SEU(Single Event Upset)

宇宙線が宇宙機内の半導体チップ(主にメモリ)を通過する時、
半導体に電流が発生してビットを反転させてしまうことがある。
このビット反転をシングル・イベント・アップセットと呼び
この現象によって生じるソフトウェアの不具合をソフトエラーと呼ぶ。
(ソフトエラーはすべての放射線によって発生する可能性があり、
 その意味では、地上のシステムでも発生することがある)

SEUは以下の過程を得て、ソフトエラーにつながる。

 1.宇宙線・放射線が半導体デバイス内の原子と
   核反応を起こして二次イオンが生成される。
 2.二次イオンがデバイス内を進むことにより、
   周りの原子核や電子と相互作用して、電子-正孔対が生成される。
 3.発生した電荷はドリフト(電場による移動)や拡散によって
   メモリセルに移動する。
 4.電荷が一定量を超えることで、ビットが反転(1→0, 0→1)する。

プログラムのコアな部分でSEUが発生すると、
宇宙機のミッションを継続できなくなったりしてしまうため、
SEUが起こりにくい半導体デバイスを設計したり、
メモリを定期的にリフレッシュしたり、誤り検出訂正機構を
組み込んだして対策を立てている。

実際に運用でも、
人工衛星でそのような現象の発生が確認できたら
(一定の確率で必ず発生している)
テレメトリ(衛星の情報)を取得して、
SEU発生箇所の特定、影響範囲の解析を行う。
また、必要があれば地上からコマンドを送信して
該当箇所をリフレッシュするなどの対策が取られる。
(一過性なので発生領域によっては放置して大丈夫な場合もある)


SEL(Single Event Latch-up)

SEU以外にも、半導体のゲートに過剰な電流が流れることで
ハードエラー(永久的な故障)を発生させる
シングルイベントラッチアップという現象もある。


galaxy.jpg



参考
設計品質確保の思想 ――航空宇宙エレクトロニクスに学ぶ「信頼性設計」
宇宙線陽子誘起シングルイベントアップセット断面積の計算手法に関する研究
半導体メモリーのソフトエラーシミュレーション用原子核反応データベース
008 IRPSレポート【ソフトエラー編】メモリで複数のビットが反転するソフトエラー
宇宙線中性子起因ソフトエラーシミュレーションに関する研究





posted by 色人 at 00:47| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

【用賀グルメ】 pizzeria MAR-DE-NAPOLI


マルデナポリ 世田谷本店

会社から歩いて5分強かかるところにあるイタリアン。
yuoga_italian写真 1 (2).JPG

おしゃれな店内で、北川景子に似た店員がいたよ。

ここのパスタはタパス&タパスと同じくらい美味しい。
ランチコースもボリュームがあってよいし、
たまには行きたい店ですね。
(今度は夜飲みにいってみようっと)

yuoga_italian写真 1 (3).JPG

yuoga_italian写真 1 (4).JPG

yuoga_italian写真 1 (5).JPG


コースについているサラダとデザート
IMG_3544_R.JPG

IMG_3545_R.JPG


用賀にいる方はぜひ一度行ってみてください〜


posted by 色人 at 00:03| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

2011 GW 初つくしのこ(旧つくし)


結婚式の次の日、
ホテルで二日酔いの朝を迎えた。
(17時から飲んで、寝たのが2時過ぎ…)

(体調的に気持ちの悪い)雨の朝。
IMG_3647_R.JPG

夕方まで適当に時間をつぶして、
夜は18条のカネサビルで飲み会。

大学の頃、部活でよく利用していた「つくしん坊」が
一階に店を移し「つくしのこ」という名前で
新規オープンしたので、なんとしても行きたかったのです。

大学入学から数年は「多良福」がいきつけだったんだけど、
オーナーが替わってしまい、
前のようには行かなくなってしまった。
その後、いつからか忘れたけど、つくしに行くようになり
後輩達もよく利用するようになり、
部活でのいきつけになったのです。

店の看板
IMG_3648_R.JPG

入口
IMG_3649_R.JPG

店内一番奥から、入口、カウンター方向を撮影。
ママさんとその息子さんにご挨拶した。
IMG_3650_R.JPG

飲み会風景
IMG_3662_R.JPG

2個下の後輩夫婦から、OBになったばかりの
若い子まで、いろいろ来てくれました。
懐かしいメンツばかり。
就活の話を聞いたり、久しぶりにあった警官(刑事になったとのこと)
の論理的天然系な話を聞いたりと、札幌ってやっぱいいな
って思いました。

また、夏にでも来ますので、
その時もココで飲みましょう!








posted by 色人 at 00:24| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

2011 GW 札幌グルメ編


さて、札幌ではいつものように
スープカレーを中心に外食三昧でした。


Curry Shop エス S
IMG_3564_R.JPG


IMG_3565_R.JPG

狸小路の近くにあるスープカレー屋。
偶然見つけたので入ってみました。
ここのは、ものすごくスープ的(粘性が小さい)で
それでいて、しっかりとしたカレーの味があり、
なかなか美味しい(^^)
店内も混んでいて、隣の子もかわいい。


赤れんがラーメン@ラーメン横丁
IMG_3644_R.JPG

いつもは入ってすぐの所にあるもぐらに行っているんだけど
朝の10時ではやっていなくて、営業中の店の中で
「赤レンガラーメン」(サービス価格)が目に付き、ここを選択。
味噌味、大きなチャーシュー、コーン、バターなど
北海道のラーメンの基本はすべて押さえてあり、
特徴があるわけではないけど、すごく美味しい。
やっぱラーメンは最高☆


VOYAGE@24条
IMG_3645_R.JPG

IMG_3646_R.JPG

いつも行っているが、いうまでもなくうまい!


lavi@エスタ10階レストラン街
IMG_3663_R.JPG

ほんとはエスタのとっぴ〜に行こうとしたんだけど、
新しいスープカレー屋を発見してしまったので、即飛び込み。
判定は、うん、まぁまぁ。
ボイジュとかピカンティとかベンベラに比べれば
劣る(もちろん好みによる)けど、そこそこ美味しい。







posted by 色人 at 00:25| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

2011 GW 上級茶道家の結婚式@札幌


GW前半は、帰省+結婚式で札幌に行ってました〜

結婚したのは大学時代の茶道同好会の友達。
当時は抹茶よりもビールを飲むことが多く、
お茶会よりも飲み会を積極的に開いていた仲で
卒業後も(多い時は月一で)よく一緒に飲んでいた人です。


結婚式自体は北海道神宮にて神前式。
(何気に北海道神宮の本殿に入るのは初めて)
写真じゃわからないけど、ダンナはイケメンだった。
IMG_3567_R.JPG

IMG_3573_R.JPG

IMG_3577_R.JPG

神前式って何度か出てきたけど、それぞれで微妙に
形式が違うし、儀式の意味もよくわからないw
(でも雰囲気は好き)


式の後は披露宴まで1時間ほど時間があったので、
円山公園付近にある超オシャレなカフェ「徳光珈琲」で時間つぶし。
IMG_3587_R.JPG

IMG_3588_R.JPG


披露宴は「季の苑エルムガーデン」という所。
写真にないけど、日本庭園がすごく素敵なの。
新婦側に呼ばれたため、テーブルは全員女子(笑)
自分+茶人×2+高校友人×4
IMG_3594_R.JPG

IMG_3604_R.JPG

IMG_3605_R.JPG

IMG_3624_R.JPG

IMG_3596_R.JPG


披露宴で「鏡開」をしているのは初めて。
盛り上がるし、日本酒も飲めていいね。
(写真↓からちょっとわかると思うけど、
 虹色の着物を着ていらっしゃいました)
IMG_3601_R.JPG


2次会はすすきのでラフな飲み会。
雰囲気はこんな感じ↓
IMG_3636_R.JPG

おっと、それじゃなくてこっち↓
IMG_3629_R.JPG

あいかわらず、茶人(2人)と高校の友達(2人)は
アウェイな感じで同じテーブルで飲むことに。
またしても、ハーレム状態で、周りの男だけのグループは
ちらちら見てきて、話しかけるスキを探っていた。

2次会ではゲームなどもあって、旦那さんは飲むと陽気になり
エロポーズとかたくさんやってたw(もちろんゲームの中で)
そして定番のキスコール。
そういうことを人前でやらなそうな人なんだけど、
会場の空気に負けた感はありましたね。



最後に、ご結婚おめでとうございます。
末長くお幸せに。
あ、それと結婚してても、飲みは普通に誘うのでw
(遠慮なんてしません)




posted by 色人 at 00:52| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

実務で役立つWBS入門


20110313_up写真 1 (5).JPG

WBS
Work Breakdown Structureのことで、
つかみどころのないプロジェクトを
作業のできる単位に分割して一覧(構成図)にしたもの。
WBS化は、目的を現実のものとするために、
必要な作業項目を浮き彫りにしていく作業である。

この、ブレークダウンストラクチャー(BS)=詳細化された構造は
「xBS」というカタチで書けていろんな種類があるみたい。
   WBS(作業分解構造)
   OBS(組織分解構造)
   RBS(資源分解構造)
   PBS(プロジェクト分解構造)
   RBS(リスク分解構造)


目的
プロジェクトのアクティビティ定義を支援することで
完成版にはプロジェクトの全スコープが含まれる。
(WBSに登場しない項目はスコープ外)

100%ルールというものがあり、WBSの次の分解レベル(子供)では
親要素に属するすべての作業を表す。
ここで親要素には含まれるが子要素に含まれないようなことがあると
作業モレが発生して、後工程での作業増大や手戻りとなってしまう。
これ、いままでのプロジェクトでもよくあったな…



実際のプロジェクトでは、作業にどれくらい時間がかかるか
の見積もりの時や、プロジェクトメンバに作業を振る際に
このWBSを活用することが多いが、正しいやり方を知らなかった。
この本をよく読んで、実践できるところから
少しずつ取り組んでいこうと思う。


目次

 1章 WBS入門
 2章 基本概念
 3章 ライフサイクル計画:プログラムとフェーズ
 4章 プロジェクトでのWBS利用
 5章 WBSの利用例
 6章 WBS作成







posted by 色人 at 00:12| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。