2012年04月30日

【AKBファンが知るべき47のこと】  その12:アンダー


AKBの身分制度には、これまで説明してきたように
正規メン・研究生メンや選抜・非選抜があるけど、
もうひとつ「アンダー」という役割があるので、
それを紹介しようと思います。

劇場公演は基本的には正規メンが出演するんだけど
体調不良や外の仕事などで休むときにそこに穴ができてしまう。
特に人気のメンバーはなかなか公演に出れないことが多い。

それを埋めるのがアンダーの役割。
「アンダー」とは代役のことで、主に研究生がつとめる。
このアンダーの存在によって、
劇場公演を毎日行なうことを可能にしている。


もう一つ、選挙でもアンダーという用語が出てくる。
選抜総選挙で21-40位までの選抜でもなく、
圏外でもない人たちを「アンダーガールズ」と呼ぶ。
CDシングルのカップリング曲を歌うことができるのだ。


たとえばこんな曲



【PV】 君のことが好きだから / AKB48 [公式]



【PV】 抱きしめちゃいけない ダイジェスト映像 / AKB48 [公式]







anda-写真.JPG




【AKBファンが知るべき47のこと】
 その1:  48グループ
 その2:  まずは推しメンを決める
 その3:  構成員は正規メンバーと研究生
 その4:  会いに行けるための活動
 その5:  48グループはチーム制
 その6:  毎日逢いに行ける劇場公演
 その7:  握手会システム
 その8:  握手会用語集
 その9:  選抜・非選抜という身分制度
 その10: メロンパン同盟
 その11: センター





posted by 色人 at 00:59| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

ガラガラだけど美味しい焼き鳥とラーメンが食べられます


三宮 焼き鳥 居酒屋 ダイニング 鶏工房やきもんや
IMG_2638_R.JPG

店内…客いないよー
IMG_2633_R.JPG

焼き鳥盛り合わせ
IMG_2634_R.JPG

やべ、プリプリしてて、すごく美味しい
ビールとの相性は最高
IMG_2635_R.JPG

そして、焼き鳥入りのラーメン
これも〆にはちょうどいい味
IMG_2636_R.JPG


三宮に来たときは、ぜひ寄ってみてください〜




posted by 色人 at 00:51| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

ホテル新規開拓の旅(神戸編)


神戸北の坂ホテル

なんだか、かわいい感じのホテル
IMG_2641_R.JPG

夜は… ラ○ホみたいww
IMG_2652_R.JPG

ベッドが2つも!?
IMG_2655_R.JPG

朝食にメロンパン…
このホテルはメロンパン同盟に加盟しているんですかね
IMG_2656_R.JPG



半年近く出張で来ているけど、
まだまだまだ知らないことがたくさんあるので
これからもどんどん来ますよ〜


posted by 色人 at 00:47| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

カオスとフラクタルの縁に住みたい


カオス力学系の基礎(ロバート・L・デバニー)
20120225_写真 1 (2).JPG

高校時代に大学の1日入学か何かで、
カオスやフラクタルの話を聞いたのが始まりでした。
その後、大学生になって、大学院の「非線形力学系特論」で
カオスについての講義を受けるまで、本や講義なので
複雑系に触れることはたくさんあったけど、
教科書で一から勉強したことはほとんどなかったように思います。
 
 フラクタルは「整数ではなく少数の次元を取りえる自己相似な図形」である
 カオスは「ホモクリニックタングル」である

というのはわかっていても、それの背後にある数学的な論理が
有機的につながったイメージとしては思い浮かべられなくて
断片的なイメージでしか、ない。

つまり、基礎からじっくりと勉強したことがなかったのです。
これじゃイカンと思い、この本を買いました。
今年いっぱいを目標にして読んでいきます!
(このブログで内容を紹介していけば、
 自己満足だけどいい勉強になるかも)






…興味ない方は、こちらのフラクタル図形の動画をお楽しみください〜
図形をどんどん拡大していっても、同じような図形が現れる
自己相似性が見てとれます。


Fractal Zoom Mandelbrot Corner


2010: A Mandelbrot Odyssey (FractalNet HD)


Best fractals zoom ever




当時から今まで、複雑系物理は、
世の中の自然現象の多くや生命現象のかなりの部分を説明できる
基本的な論理だと信じて疑いません。



<目次>
 第1章  数学と歴史の旅
 第2章  力学系の例
 第3章  軌道
 第4章  グラフによる解析
 第5章  固定点と周期点
 第6章  分岐
 第7章  2次関数族
 第8章  カオスへの移転
 第9章  記号力学
 第10章 カオス
 第11章 シャルコフスキーの定理
 第12章 臨界点軌道の役割
 第13章 ニュートン方
 第14章 フラクタル
 第15章 複素関数
 第16章 ジュリア集合
 第17章 マンデルブロー集合
 第18章 発展プロジェクトとその実験






posted by 色人 at 00:54| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

【AKBファンが知るべき47のこと】  その11:センター


選抜メンバーの中でもその中心にいて、
主に歌い始めを担当する役割の人を「センター」と呼ぶ。

じゃんけん選抜などのイベント時の選抜では、
優勝者やそのイベントで重要な役割を持った人が
センターになることがあるけど、
シングル曲のセンターはほとんど前田敦子。

センターは誰よりも前にいるし、一番目立てるけど
その分AKBの批判も一手に引き受ける存在なのだ。

写真 5.JPG




センターとは、最前線でみんなを守る存在なのか…
 ↓↓↓
AKB48前田敦子 一見古臭い『敦子』という名前に込められた意味
http://blog.livedoor.jp/akb4839/archives/3844360.html





【AKBファンが知るべき47のこと】
 その1: 48グループ
 その2: まずは推しメンを決める
 その3: 構成員は正規メンバーと研究生
 その4: 会いに行けるための活動
 その5: 48グループはチーム制
 その6: 毎日逢いに行ける劇場公演
 その7: 握手会システム
 その8: 握手会用語集
 その9: 選抜・非選抜という身分制度
 その10: メロンパン同盟





posted by 色人 at 00:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

ポートアイランドの高級神戸牛ランチ


神戸すてーき桜井
http://www.steak-sakurai.com/
写真 1.JPG


ビールを頼んで、飲んでたら
「飲めるならワインサービスするよ」
な、な、なんと!?マジっすか?
気持ちばかりだけど、と運ばれてきたら、
ワイングラスの8割りくらいまで注いでいただいてww
お昼から贅沢すぎる (ワイン・ω・ビール)

写真 2.JPG
食べれる鬼灯も出て、しゃれおつ


メニューは明石コースを注文
写真 3.JPG

写真 4.JPG

写真 5.JPG


やっぱり、神戸の肉は美味しすぎる〜

しあわせ (神戸・ω・牛)



場所がちょっとわかりにくいけど、
タレントもたくさん来る有名店でなので
一度は行ってみることをオススメします!!



posted by 色人 at 00:50| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

物産複合の海洋史から見たイギリスと日本の経済


経済史入門(川勝平太) 日経文庫
IMG_0851_R.JPG

政治・文明を含んだ文明の基礎は「モノ」の交換がある、
という経済の基本に焦点を当てて
人間の社会生活を支える経済は
物産(生産物と商品)の集合である「物産複合」と捉える。

さらに社会に近い側には法律・制度・文化を含む
文化複合の集合があり、社会の変化はこれら
文化・物産複合の変化であるとして、
かつてモノの移動に重要な役割を果たした
海洋史から日本経済をイギリスとも対比させながら見ていく。
アジア大陸を真ん中において
両極端の島国であるイギリスと日本で近代文明が発生したのは
船舶来品が新しい文化・物産複合を生み出していったからである。



モノ中心の消費社会では、押し売りでは売れなくて
買いたいと思わせるマーケティングが発展して
それが文化となり、そこから発生するモノの流れが
文明として定着していく。

物産複合を基軸にした海洋史で見る日本経済は
読んで斬新な印象を受けた。
経済学としては当たり前なんだろうけど…



<目次>
 序章 経済史への招待
 T  経済史というはどういう学問か
 U  経済学と経済史―現実をどうとらえてきたか
 V  経済史の方法―経済発展をどう説明するのか
 W  グローバル経済史と近代日本文明
 終章 日本経済史をとらえ直す

 



posted by 色人 at 00:09| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

【AKBファンが知るべき47のこと】 その10: メロンパン同盟


48グループにはSKE-AKB-NMB-HKTを横断した
組織『メロンパン同盟』というのがあるのをご存知でしょうか。

2010年6月5日 幕張メッセで
松井玲奈(SKE48)・島崎遥香(当時AKB48研究生)
が中心となり締結されたのだ。

富士山五合目にある五合園レストハウスで販売している
「富士山めろんぱん」を食べることを目標として、
日本のメロンパンの消費活動に貢献することが主な活動内容。



しかし、会長の松井玲奈の人気にあやかるために
メロンパン同盟に入ろうとするものも現れてきました。
ビジネスライクにメロンパンを食べる、
あるいは好きと言っていることを指して、
ビジネスメロンパン」という概念も生まれました。
(これは一般にも知れ渡っていますよね)

初期の頃はいろいろと争いもあったようだけど
今はわりと安定しているようです。

活動写真はこちら!



201204aa写真 1.JPG

IMG_2575_R.JPG

IMG_2593_R.JPG

IMG_2594_R.JPG

写真 4.JPG

IMG_2709_R.JPG


僕もメロンパン同盟の一員です (めろん・ω・ぱん)





【AKBファンが知るべき47のこと】
 その1: 48グループ
 その2: まずは推しメンを決める
 その3: 構成員は正規メンバーと研究生
 その4: 会いに行けるための活動
 その5: 48グループはチーム制
 その6: 毎日逢いに行ける劇場公演
 その7: 握手会システム
 その8: 握手会用語集
 その9: 選抜・非選抜という身分制度



posted by 色人 at 00:20| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

神戸生活復活!!


また、やってきましたよ!
第3の故郷神戸!!
三ノ宮繁華街!!!

桜も咲いてるちょうどいい季節。
20120416 (3).JPG

初日は午前移動してまずはMINTでお昼ご飯 (とん・ω・かつ)
名代 とんかつ「かつくら」京都三条
高級、かつ、ご飯・キャベツ・味噌汁はおかわり自由。
20120416_写真 1.JPG

20120416_写真 1 (1).JPG

20120416_写真 1 (2).JPG





初日の夜はいきつけのタイ料理屋。
メニューはいつもと同じ、チキンライスにトムヤムクン
20120416 (4).JPG

20120416 (5).JPG

20120416(2)写真 4.JPG
タイ料理は最高においしすぎる〜

今回は2週間程度、そしてたぶん最後なので
ぎりぎりまで全力で遊びます。




posted by 色人 at 00:49| 北海道 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

巨大なデータから生み出る価値とは何か?


ビューティフルデータ(O'Reilly)
IMG_2072_R.JPG



オンライン上にある大量のデータを
収集・処理・分析・可視化して
ここから新しい価値を与えることを、
下の目次にあるように様々な例で示している。

ぱっと見ではわからない数値の列である
データの中に新しい意味を見出すことが
データをビューティフルな存在にしているのか。

それはつまり、データを空間的に位置で現わしたり、
時間的に動画として現わすことであり、
データの中にパターンを見つけること。


たぶんこういうこと。
2011年に起きた東北の大地震の時の
ツイッターの伝播の可視化。

Personal messages from Japan


Spread of information


※どちらの動画もこちらから
 → http://blog.twitter.com/2011/06/global-pulse.html




7章「データの自己発見」が気になる内容だったな。
これってデータ自身(というかプログラム)
が学習していくことなのかな〜?
この辺、興味あるので勉強したい。

あとは、15章「データの中の生命:DNA物語」
これは生涯のテーマの1つですね。
全然、近いところにいないけど、いつか…



<目次>
1章  データの中に生活を見る
2章  ビューティフル・ピープル ユーザの存在を忘れることなく
     データ収集の手段をデザインする
3章  火星上での組み込み画像処理
4章  PNUTShellにおけるクラウドストレージの設計
5章  情報プラットホームとデータサイエンティストの登場
6章  写真アーカイブの地理学的な美
7章  データの自己発見
8章  リアルタイムのポータブルデータ
9章  ディープウェブを活用する
10章 Radiohead「House of Cards」のプロモーションビデオができるまで
11章 都市データの視覚化
12章 sense.usの設計
13章 データでできないこと
14章 自然言語のコーパスデータ
15章 データの中の生命:DNS物語
16章 実世界のデータをビューティフルにする
17章 外見のデータ解析:数百万人の社会的ステロタイプ調査
18章 ベイエリア・ブルース:住宅市場崩壊の影響
19章 政治に関するビューティフルデータ
20章 データをつなぐ









posted by 色人 at 00:55| 北海道 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

【AKBファンが知るべき47のこと】 その9: 選抜・非選抜という身分制度


AKBには正規・研究生という制度以外に、
選抜・非選抜という身分制度が存在している。

選抜とは48グループ全体から選ばれるシングル曲を歌える人のこと。

特に盛り上がるのが年に1回行なわれる
選抜メンバーを投票で選ぶ選抜総選挙。
ファンの財力によってメンバーに順位をつけるという、
本人たちには上位になっても下位になっても、
きっとやるせない気持ちになるであろうイベント。

選抜総選挙ではその直後のCD曲を歌う21人を決める。
さらに、以下のように縦の構造が明確になるのだ。

 メディア選抜: 上位12人。優先的にメディアに出ることができる
 選抜: 残りの選抜メンバー
 アンダーガールズ: 22-40位。選抜曲のカップリング曲を歌える
 圏外: 順位すら付けられない


※メディア選抜のトップ(センター)、上位7人(神セブン)、
 アンダーガールズについては別に説明する予定。


総選挙は自分を推してくれるファンの財力が
ものをいうし(1人何票でも入れれる)
通常の選抜はいかに運営に推されるかによって決まってくる。

この選抜・非選抜によって活動の幅が大きく拡がり(狭まり)
ファンも盛り上がれるので、良い悪いはいろいろ言われるけど
AKBらしさの源の1つに、今ではなっていると思う。



AKB_写真 1.JPG


【AKBファンが知るべき47のこと】
 その1: 48グループ
 その2: まずは推しメンを決める
 その3: 構成員は正規メンバーと研究生
 その4: 会いに行けるための活動
 その5: 48グループはチーム制
 その6: 毎日逢いに行ける劇場公演
 その7: 握手会システム
 その8: 握手会用語集




posted by 色人 at 00:16| 北海道 ☔| Comment(23) | TrackBack(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

広告代理店に洗脳されていたのかあああ、あ?ww 


洗脳広告代理店 電通 (苫米地英人)
IMG_2336_R.JPG

新聞、雑誌、TVを使って、組織的に
大衆(国民)を洗脳(※)しているのが「電通」だ、
ということを説明してみんなで脱洗脳しましょう。
っていう怪しい本ww

※洗脳の定義(マインドコントロールではないので)
  ある人の臨場感(現実感)を別な人の臨場感(現実感)に置き換えること
 (洗脳は言葉が強すぎるので、英語のbrainwashingの方がいいかも…)



この本では主に、もっとも強い現実感感覚の視覚情報に訴える
テレビによる洗脳がメインの対象になっている。
テレビはスポンサーからの広告が主な利益を生んでいる。
(宣伝されることで商品が売れてスポンサーも儲かる)
メディアとスポンサーとの仲介がすべて電通によって行なわれていて
この電通がメディアをコントロールして、政治的意思や利権によって
コンテンツの内容が偏向され、それが見ている人の現実感となってしまう
ことがどれだけ恐ろしいことかを説明している。

陰謀論になりすぎているところが気になるが。



著者も言っているようにこれはメディア論であり、
メディアに対する考え方は合っているところが多いと思う。

ただ、この本のように偏った強い言い方をしなくても、
ネットが日常的になって、第1次情報も入ってくるほど
透明性が高まった今となっては、
テレビとCMは偏向コンテンツの塊であることは
多くの人が知っていること。
(TVショーであり、商品の宣伝なんだから当然…)

また、ここ数年の政治の報道や、AKBや韓流のごり押し
原子力事故のニュースを見て、
マスメディア業界がまともではないことが
ますます確信を持ってそう思えるようになってきた。
あ、そこで働いている人がまともでない、と言いたいわけではないので…。
個人個人はまじめに仕事に取り組んでいても、
そこにある制度や文化や空気がおかしいのか、な?。
あと、それに乗ったり、それをおかしいと言ったり
(こういうエントリ書く人がいたり)
そういう大衆がいるからか。




<目次>
 序章  私たちを支配する黒幕とは
 第一章 メディア洗脳の恐怖
 第二章 広告代理店とは何か
 第三章 洗脳代理店「電通」の闇
 第四章 メディア新時代の電通
 第五章 メディア洗脳防衛策
 終章  いまこそメディアを私たちの手に取り戻せ






posted by 色人 at 00:04| 北海道 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

ネット時代を生き抜くには情報セキュリティの知識が必須


東急線の白楽駅を降りて試験会場へ向かう。

途中、超絶さびれた商店街をくぐり抜け…
IMG_2583_R.JPG

IMG_2585_R.JPG

どんどん突き進み…
IMG_2581_R.JPG

IMG_2578_R.JPG

らせん階段(の横の通り)を抜けると…
IMG_2587_R.JPG

試験会場の神奈川大学!
…遠いよ
IMG_2588_R.JPG



 (午前 試験実施)



 (持っていった時計が電池切れて止まってたw)




お昼ご飯は向かう途中気になったラーメン屋へ。
神大ラーメンっていう普通の値段で2杯分のがあったけど
試験中眠くなっちゃうので、
普通のチャーシューメン+サービスライスにしといた。
→ 喜家 ともえ軒 六角橋店
IMG_2591_R.JPG

うむ、ここは美味しい!
壁を見るといろんなタレントも来てるみたい。(なんで?)
IMG_2590_R.JPG


 (午後 試験実施)






さて、試験の評価をすると…

【午前T・U】
 対策でやったはずの問題を間違ったりしたけど、全般的に
 やったことある問題が多かったのでたぶんきっと合格する。

【午後T】(2問選択)
 問1. 脆弱性検査の結果とその後の対策
 問2. Webアプリケーションのセキュリティ対策 →選択
 問3. 保守作業の証跡確保のための対策検討  →選択
 問4. 情報セキュリティ技術者の育成

【午後U】(1問選択)
 問1. インターネット向けサーバの災害対策 →選択
 問2. 社内情報システムの移行


午後に関しては、過去問をやったのと、
業務でWebアプリのセキュリティ対策や保守作業をやっているので
エンベデッドネットワークに比べてだいぶ解き易かった。
やりきった感はあるので、あとは運を味方にできていたか、
が合格不合格を分けることになると思う。








posted by 色人 at 00:19| 北海道 ☔| Comment(25) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

メディア化する個人も強くなれるか?


メディア化する企業はなぜ強いのか?(小林弘人)
IMG_2346_R.JPG

SNS,Twitterなどのソーシャルなツールを使って、
自社の製品やサービスを顧客に届けるための、
広告(マーケティング)についての戦略本。
なぜ必要となるかの背景、そして、
マスメディアや広告代理店などを頼らずに
どのようにして自社をメディア化させて、
マーケティング活動していくかのヒントが書かれています。


もちろんまだ、マスメディアや広告代理店の影響力は大きいけど
SNSやTwitterをメールと同程度に日常的に使うようになった今となっては
これらに頼ってばかりいられる時代でないことは明らか。

ソーシャルグラフ(人間関係)がインターネットによって
可視化されて、メッセージや共有によってお互いの結ばれ方がかわり、
消費行動もAISASからARLASに替わってきた。
これはなんとなく実感としても合う気がする。
特にイイね!(Like It!)とか。

 AISAS
  Attention, Interest, Search, Action, Share
  注意    興味   検索  購買  共有
 ARLAS
  Awareness, Recommendation, Like It!, Action, Share
  気づき    推薦       共感   購買  共有



メディアによる一方的な商品の流れではなく、
ユーザ同士の推薦や共有、イイね!などがトリガーとなって
商品やサービスが拡がっていく感じだと思えばいいのかな。


本書では、企業のメディア化について説明されているが、
個人についても同じことが言えると思う。

Facebook,Twitter,blogでの発信が増えることは
個人がメディア化することに繋がる。
ライフログやプロフィールなどもストリーム化されて、
新しい人間関係ができるきっかけが増えていき
友達になったり何か事業が生まれたり、
そんな世界になるのかもしれない。

小山ゆうのマンガ「愛がゆく」で、
未来人レイが(未来世界では家族という共同体はなく)
「人は各自が一家」と言ってたけど、それ以上に今は、
ヒトは各自がメディア、という時代になりつつありますね。



<目次>
 1章 もはや企業のメディア化は避けて通れない
 2章 いかにメディア化させるのか?その考え方とテクニック
 3章 自社メディアをソーシャルメディアに適合せよ!
 4章 メディア化戦略をより高次なレベルに−未知を売り込み、顧客と協業する







posted by 色人 at 00:05| 北海道 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

【AKBファンが知るべき47のこと】 その8: 握手会用語集


前回、握手会の説明をしたけど、
握手会場(ネット空間も含めて)では、
いろんな専門用語が飛び交っているので
まずは基本用語を覚えましょう。

知らないと、コミュニケーションロスが起きちゃうからね。


 塩対応: 握手の対応が素っ気なかったり、よくないこと
 神対応: 握手の対応が神レベルですばらしいこと
 剥がし: 握手時間をオーバーした際に、係の方にメンバーとの
      握手や話を遮られて、出口に導かれること
 鍵開け: メンバーと1番最初に握手すること
 鍵閉め: メンバーと1番最後に握手すること
 過疎る: 人気がなくて握手の行列がなくなるような状況
 認知 : 握手会やイベントに定期的に参加し、
      メンバーに名前やあだ名を覚えてもらうこと
 ループ: 同じ部または違う部で、複数回に分けて握手に行くこと 
      もちろん複数毎の握手券を持っていることが前提


AKB_写真 1 (2).JPG


ちなみに前行ったときは、
篠田・指原・増田・矢神、みんな神対応でしたよ!



【AKBファンが知るべき47のこと】
 その1: 48グループ
 その2: まずは推しメンを決める
 その3: 構成員は正規メンバーと研究生
 その4: 会いに行けるための活動
 その5: 48グループはチーム制
 その6: 毎日逢いに行ける劇場公演
 その7: 握手会システム





posted by 色人 at 00:16| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

非選抜メンバーの存在こそ、AKB48をAKB48たらしめている


「非選抜アイドル」 (AKB48 仲谷明香)
201204aa写真 1 (4).JPG



前田敦子の同級生であり、それがキッカケで
2006年にAKB第3期生になった仲谷明香。

第三回選抜総選挙の時、前田敦子が1位に選ばれる瞬間に
スポットライトの当たらない隣にいた非選抜(選挙は圏外)のメンバー

AKB第3回選抜総選挙 1位 AKB48




声優になる夢を持つところから始まり
AKBに入り、やがて「非選抜」で生きる道を
見つけるまでの過程が書かれています。

「非選抜」の名に恥じない、その目立たなさと影の薄さは
「非選抜選抜」「影薄選抜」に入れる程だと、僕は思います。
新参だけどヲタの自分も、存在と顔と名字は知ってたけど、
名前が「さやか」というのはこの本を買って初めて知ったくらい。
(たぶんAKB正規メンバで最後にフルネーム知った人だw)



結論はP91の次の1文。

  「大げさに聞こえるかもしれないが、非選抜メンバーの存在こそ、
   AKB48をAKB48たらしめているのである。」


なぜ、マスメディアに出てこない非選抜のメンバーが
AKBらしさを生んでいるのか?
AKBのコンセプトや組織としてのあり方、
運営方針などいろいろ絡んでくるけど
この本を読むとそのあたりが納得できます。

また、推しメン、干しメン、コネの仕事、
中の仕事、外の仕事、劇場公演への想いなど、
メンバーの本音が見えてくるのも面白い。
(…ふつうの本だから表現がやんわりしてるけど)


一時期、「勝ち組」「負け組」という分類がはやったけど、
それに代わる「選抜」「非選抜」という分け方。
こういう分類がいやな人もいるだろうけど、
この本に書かれている「非選抜」はものすごく前向きです。
逆境を乗り越え(負けてではなく)非選抜で生きる道を見つけた人
が言う「非選抜」はきっと違った意味に聞こえてきます。
(あと、最初と最後が泣ける)



<目次>
 序章  スポットライトの横
 第一章 なぜ私はアイドルになったのか
 第二章 アイドルとしての過酷な日々
 第三章 生き残り戦略
 第四章 メンバーから見たAKB48
 第五章 小さな転機
 第六章 訪れたチャンス
 第七章 夢が叶う時
 第八章 非選抜メンバーとして生きていく







posted by 色人 at 00:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

寒い中、2日連続で花見したった


部活の後輩の誕生日お祝い花見があるということで、
会社終わった後、代々木公園に行ってきました。
夜桜を見るのは久しぶり。…とはいえ、
まだまだ寒くて、外灯も少なく、雨もちょっと降って
何より祝われる本人がいなくてww

でも、いつものメンバー+初めての人たちで楽しく宴会できました〜
IMG_2538_R.JPG





次の日、ヒドイ二日酔いで仁藤萌乃の振替握手会に参加できず、
(花見の後、会社の新人歓迎会の2次会に参加したので…)
かわりに(?)、東急東横線多摩川駅近くの多摩川台公園で花見。
IMG_2540_R.JPG

IMG_2548_R.JPG

IMG_2561_R.JPG

メンバーは昨日お祝いできなかった後輩+
今年就職で東京に出てきた後輩たち4人。
この時↓大学1年生だった人たちが就職ですか…
北海道遠征 4/7 (夏合宿編) 2008年09月02日

みんな、さすが部活で鍛えられただけあってお酒の飲み方がはんぱねえ
特にほとんど初対面だった子は、テンション高いし、
焼酎一気に飲んでたし、言ってることおかしすぎるしww
(他にも、イケメン系女子や、ちょっとかわった趣味系などw)
やっぱり面白い子いっぱいですね〜
こっちにいる間は、またぜひ飲み会したいので
よろしく!!

IMG_2562_R.JPG

IMG_2563_R.JPG

IMG_2549_R.JPG

(僕がAKBに詳しいと知った上で)
後輩女子 『AKBの次のセンターって誰がなるんでしょうね?』
後輩女子 『私は大島板野篠田たかみな小嶋かな〜って思います。
       どうですか?その5人くらいしか知らなくて…』
俺 『…いやいや…川栄か島崎じゃないかな?
   (次世代だし、それか松井珠理奈、渡辺麻友もあり)』
みんな 『…え?いや、だれ?それ』

こんな会話もありましたが、
若い雰囲気で花見できてほんとに楽しかった☆

IMG_2556_R.JPG

IMG_2564_R.JPG




あ、そうそう、桜もきれいでしたよ〜






posted by 色人 at 00:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

美しいアーキテクチャを追求する職人になりたい


ビューティフル・アーキテクチャ(O'Reilly)
IMG_2074_R.JPG



序章より

  アーキテクチャとは、作り上げることの芸術であり科学である。

で、で?

  交響曲の…アーキテクチャを「凍りついた音楽」と呼ぼう。

おお、かっこよさげ

  コンピュータシステムのアーキテクチャとは、
  どのようなプログラムが実行でき、
  その結果どのような結果が生じるのかを定める、
  最小限の規則の集まりであると、我々は定める


ふむ?

  システムの「構造」であり、ソフトウェア要素群と、
  各要素の外から見える一連のプロパティと、
  要素相互の関係とから成ります。


なるほど、わからん。




本書ではシステム・ソフトウェアのアーキテクチャについて、
下の目次にあるような豊富な具体例を出して(もちろんコードも)
美しいアーキテクチャの意味を深めていく内容になっている。

たとえば、第6章では、Facebookプラットフォームの
アーキテクチャについて説明されている。


Facebookアプリのコアデータは、もちろん、ユーザとユーザ間の情報。

 user_get_friends : uid → set(uid)
 user_get_info : uid → {name, pic, books, current_location,…}
 can_see : {uid_viewer, uid_viewee, table_name, field_name} → 0 or 1


1つ目はあるユーザから友達に繋がること、
2つ目は、あるユーザの名前、写真、本などのデータを取得すること
3つ目は、あるユーザの情報を別のユーザにどう見せるか、というアクセス方法。
最後の見せ方が、人間関係を可視化しているFacebookの
もっとも重要なビジネスロジックになっていて、この部分を核として
データベースが構築され、中・外のアプリケーションと連携し、
さらに成長していくシステムになっているのである。


Facebook以外にも、OSやCPUや言語など、
いろんな例を読んでいけば、下に書いた
序章で述べられている原理・特性や構造を理解できるようになり、
実務に生かせるようになれるかなぁ。


■アーキテクチャの原理と特性
 多目的性(versatility)
  簡潔な記述で多様な問題に対応できる
 概念の整合性(conceptual integrity)
  類似問題に対して、単一・最適・冗長でない解を表現できる
 独立の変更可能(independently changeable)
  要素が独立していて、外的変化に対する変更箇所が最小
 自動伝播(automatic propagation)
  モジュール館のデータ振る舞いの変更が伝播して整合性が維持される
 構築可能性(buildability)
  ソフトウェアの整合した正しい構築をガイドしてくれる
 成長対応(growth accommodation)
  将来ありそうな方向への成長に対応している
 耐エントロピー性(entropy resistance)
  変更の影響への対処・制約・隔離を行ない秩序を維持できる

■アーキテクチャ的構造
 モジュール(module)
  設計上・実装上の決定を安定したインタフェースに隠ぺいできる
 依存性(dependency)
  ある要素の構造を他の要素が用いる形で要素を構造化する
 プロセス(proccess)
  モジュールの実行時状態を隠ぺいして隔離する
 データアクセス(data access)
  データをパッケージ化してパッケージごとのアクセス権を設定する






美しいアーキテクチャとは、持続性を保てる構造を持っていること
(のような気がした)





<目次>
第1部 アーキテクチャについて
  1章 アーキテクチャとは何か?
  2章 2つのシステム:今風ソフトウェア物語
第2部 エンタプライズアーキテクチャ
  3章 スケーラビリティのためのアーキテクチャ設計
  4章 メモリーを作る
  5章 リソース指向アーキテクチャ:「Web上にある」こと
  6章 データ成長:Facebookプラットフォームのアーキテクチャ
第3部 システムアーキテクチャ
  7章 Xenと仮想化の美
  8章 Guardian:フォルトトレラントなOS環境
  9章 JPC:ピュアJavaのx86PCエミュレータ
  10章 Jikes RVM:メタサーキュラーな仮想マシンの威力
第4部 エンドユーザアプリケーションのアーキテクチャ
  11章 GNU Emacs:漸進的機能追加方式が持つ力
  12章 バザールが伽藍の建築に乗り出す時
第5部 プログラミング言語とアーキテクチャ
  13章 ソフトウェアアーキテクチャ:オブジェクト指向対関数型
  14章 古典再読







posted by 色人 at 00:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

【AKBファンが知るべき47のこと】 その7: 握手会システム


「会いに行けるための活動」で「劇場公演」と並んで特徴的なのが「握手会」

様子はこんな感じ↓



握手会は、大きく次の2つに分類される。
 1. 全国握手会
 2. 個別握手会

1. 全国握手会(全握)
 シングルCDの通常版を買うと1枚参加券がついてくる。
 全握では1人または複数メンバーがグル―プ分けされていて
 その場で好きなレーンに並んで握手することができる。
 買う時には誰と握手するか選ばなくていいし、
 一度に複数人と握手できたりする。
 しかし、時間が短かったり(3秒くらい?)、はがしが強かったする。
 また、部が分かれていないため、3時間待ちになったりすることもあるので
 それなりに覚悟を持っていった方がいいかも。

2. 個別握手会(個握)
 こちらはシングルCD劇場版を購入することで参加できる。
 全握とは異なり、予約する時に誰と握手するかを決めることができる。
 1度に3人まで指定できて、購入次期も7次受付くらいまであるのだ(!)。
 それぞれで抽選を行ない、当たればCD+握手券が手に入る。
 こちらは結構複雑で最初は戸惑うかもしれないですが…。
 けど、握手時間は長いし(5秒くらい)、部が分かれているため
 長くても30分待ちくらいで済むので、
 システムが複雑だけど全握よりこちらがオススメ。

   
自分も「上からマリコ」の個別握手会に行ったことがあります (ド・ω・ヤッ)

201204aa写真 1 (3).JPG


  →5月23日発売の最新シングルの握手会はこちらで応募できます!
     26thシングル「真夏のSounds good !」劇場盤 発売記念大握手会




より詳しくはこちらのサイトをどうぞ!
 初めての握手会
 AKB48個別握手会イベント参加券(劇場版)購入方法
 AKB48全国握手会イベント参加券購入方法


【AKBファンが知るべき47のこと】
 その1: 48グループ
 その2: まずは推しメンを決める
 その3: 構成員は正規メンバーと研究生
 その4: 会いに行けるための活動
 その5: 48グループはチーム制
 その6: 毎日逢いに行ける劇場公演






posted by 色人 at 00:37| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

情報セキュリティのスペサリストを目指して


1週間で分かる 情報セキュリティスペシャリスト 集中ゼミ 【午前編】
 2011→2012年版―面白くてメキメキ合格力がつく!
1週間で分かる 情報セキュリティスペシャリスト 集中ゼミ 【午後編】
 2011→2012年版―過去5回の問題と解説
20120210_2.JPG

春の情報処理資格試験(情報セキュリティスペシャリスト)に向けて勉強。


この本は、ネタが面白いので、勉強が続けられますね。



「この場合は、恋人の友達が脆弱性となります。」
「120%まで充填しないと波動砲が撃てないとか」
「相手に好意を持たれているわけではなく、単に都合のいいサイフとして
 利用されてたことがわかるたびに」
「利用されるどころか、誰も話しかけてもくれなかった」
「放置されることが、だんだん好きになってくるかも。」
「クリスマス前にやバレンタイン前などには、
 ハーフオープンな状態になっている男たちがたくさんいる気がします。」



情報セキュリティの話に思えないかもしれないけど、
日常的な比喩にたとえているだけなのでww
それぞれの文章が何の話かわかりますか〜?




<目次>
【午前】
 第1章 セキュリティの基本中の基本
 第2章 ネットワークについて
 第3章 攻撃の種類とその対策
 第4章 セキュリティ技術ー入ってくるものから身を守る
 第5章 セキュリティ技術ー認証
 第6章 セキュリティ技術ー出ていくものをガードする
 第7章 国際標準と法律・監査


【午後】
 第1章 Webの私的利用への対策
 第2章 ソフトウェアの脆弱性に関する問題
 第3章 ボット感染とその対策
 第4章 認証システムに関する問題
 第5章 ネットワークセキュリティに関する問題
 題6章 通信データの保護に関する問題
 第7章 DNSサーバのセキュリティに関する問題
 題8章 安全なデータ転送システム







posted by 色人 at 00:32| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする