2014年01月31日

サンゴ礁センター公開講座2回目「サメ」


サンゴ礁センターで月1くらいで開催されている勉強会に参加してきた。
今回で2回目。前回はサンゴの話だったけど、
今回は「サメ」についてでした。
P1296094.JPG

始まる前はいつもの通り、センターの玄関で飲み会。
ビールもワインも$2という格安で飲めます。
P1296095.JPG

講座の様子。毎回、よくこれだけの人数が集まりますね。
P1296098.JPG

サメ系の恐怖映画のせいもあって、
サメは怖い生き物というイメージがありますが、
はっきりいってサメは安全です。
サメに襲われる人はほんとうにわずか。
ダイビングでも、すぐ近くにいますが、
まず襲われることはありません。
P1296105.JPG

その他、サメの生態や保護に関する話。
本当に勉強になりますね。



始まる前にビール5缶、始まってからも
ワイン2杯も飲んだのでかなり酔っていたけど、
講座終了後、なぜかご飯を食べに行くことになった…

クレーマーズカフェ
P1296108.JPG

TVもやっててかなり混んでました。
ここはパラオ人だけでなく、フィリピン・アメリカ・
ヨーロッパ・日本・韓国・中国…
いろんな人がいて面白い。どこよりも異国という感じがする。
P1296112.JPG

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(46) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

銃・鉄・病原菌


13000年にわたる人類史の謎
Screen Shot 2014-01-29 at 13.55.24.png

ジャレド・ダイヤモンドの「文明の崩壊」を読んで
興味を持ったのでその本より前に出版された「銃・鉄・病原菌」
を読んでみました。予想通り、最高に面白かったです!
子供の頃から大学の頃に持っていた、人類史のイメージが
きっと大きく書き換えられます。
古代文明が現れるまでの人類史ってなんだかぼんやりしていたので…。

これは次の質問に答えるための仮説集です。

あるパプア人の質問:
 白人はたくさんのものを発達させてニューギニアに持ち込んだが、
 ニューギニア人には自分たちのものと言えるものがほとんどない。
 それはなぜか?

歴史の中で、ある地域の人は他よりも勝った道具や制度を持っている。
ある地域ではまったくそのような有利なモノは存在していない。
その持たざる人々は、文明の発達度の違いにより滅ぼされたり、
支配されたりしている。なぜこのような格差・不均衡が生まれたのか?
(この不均衡は現在まで引き継がれている)

結論:
 それぞれの大陸で生まれた人が異なっていたわけではなく
 (つまり人種的な優劣ではなく)
 与えられた大陸の環境が異なっていたからである。
 (ただし環境決定論的にという意味ではない)

【メモ】
・食料生産
   栽培を始めた地域、家畜を始めた地域
   家畜や栽培可能な動植物の有無
・食料生産を始めたことによる狩猟民族から農耕民族への移行
・定住生活による人口の集中
・余剰食料による官僚機構、専門家の発達
・小規模血縁集団右矢印1部族集団右矢印1首長社会右矢印1国家 
・大陸による技術・文化の伝播速度
   大陸の大きさ、南北・東西のつながり方の違い(風土気候の違い)



パラオは、1994年に国家として独立はしたけど、
大陸はなく、食料生産もしておらず(定住はしている)、
国家ではあるけど、血縁関係が重要であり、議員の他にも
大酋長という制度が残っている、非常に微妙な国だなあ
と改めて思った。国際社会の一員として国家とし存続する必要があるが、
そもそもこんな小さい国だと「国家」としてあるべき人口や文化が
まったくない。




<目次>
上巻
 プロローグ ニューギニア人ヤリの問いかけるもの
 第1部 勝者と敗者をめぐる謎
  第1章  1万3000年前のスタートライン
  第2章  平和の民と戦う民の別れ道
  第3章  スペイン人とインカ帝国の激突
 第2部 食料生産にまつわる謎
  第4章  食料生産と征服戦争
  第5章  持てるものと持たざるものの歴史
  第6章  農耕を始めた人と始めなかった人
  第7章  毒のないアーモンドのつくり方
  第8章  リンゴのせいか、インディアンのせいか
  第9章  なぜシマウマは家畜にならなかったのか
  第10章 大地の広がる方向と住民の運命
 第3部 銃・病原菌・鉄の謎
  第11章 家畜がくれた死の贈り物 

下巻
 第3部 銃・病原菌・鉄の謎
  第12章 文字を作った人と借りた人
  第13章 発明は必要の母である
  第14章 平等な社会から集権的な社会へ
 第4部 世界に横たわる謎
  第15章 オーストラリアとニューギニアのミステリー
  第16章 中国はいかにして中国になったのか
  第17章 太平洋に広がっていって人びと
  第18章 旧世界と新世界の遭遇
  第19章 アフリカはいかにして黒人の世界になったのか
 エビローグ 科学としての人類史




posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(38) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

2014年潜り初め


新年、初潜りに行ってきました!
はじめて利用するクルーズコントロールというショップ。
50本行くまでにずっと同じショップを使っていたので、
新しいところ行くとちょっと緊張したけど、
かなりいいショップでした!
海ログもあるよ。

ここ数日、乾期にも関わらず、雨や風が続き
今日も天気はいいものの、相変わらず風は強い。

1本目:ジャーマンチャネル
濁ってたしマンタも出なかった…
タイマイ(カメ)、ヅカエイは見れたのでよし。
P1265668.JPG


2本目:ニュードロップオフ
ここはかなり大当たり、ヨスジフエダイ(こいつは絶対いる)
バラクーダ、インドオキアジの群れとその周りに
大量のチョウチョウウオ、グレイリーフシャークがいました。
360度魚だらけで大忙しあせあせ(飛び散る汗)(流れもあったし)
しかも!最後に今が旬のミヤコテングハギの
群れ(300匹)を見れました!(写真はないけど)

ツノダシ
P1265701.JPG

インドオキアジ
P1265714.JPG

オオメカマス、バラクーダ
P1265733.JPG

ヨスジフエダイ
P1265737.JPG

P1265712.JPG

あと初めて見たフグ系?の何か
P1265753.JPG

今年もたくさん潜るぞ、っと。
P1265754.JPG

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(32) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

【AKBファンが知るべき47のこと】  その45:チーム8


かなり久しぶりになってしまった「AKBファンが知るべき47のこと」。
2013年3月5日(その1:48グループ)にこれを始めて、
前回2013年8月7日(その44: 札幌(SPR)48)からも
半年近く空いてしまった…(しかも札幌48は誤報だったし)


今回は、AKBの組織編成に関わる重大な発表を取り上げます。

この時期、毎年恒例の
リクエストアワーセットリストベスト200
という48グループの全楽曲を投票で順位を決めて、
数日に渡って発表していくという、ジャンケン大会や
総選挙と並ぶ一大イベントをやっているのです。
(ちなみに、私自身も1人で、
 セットリストベスト51をやりました。)

この中で、ついに、ついに、念願の
「チーム8」を結成することが決まりました!
チームA、チームK、チームBは順調にいっていたものの
チーム4は結成後に解体し、頭を丸めた峯岸を中心として
チーム4が再結成された歴史がありました。
チーム8については、2012年3月に作るという宣言があったものの
秋元康「チーム8を作ります」
なかなか結成されず、今回の発表で、やっとか、
という印象を持ちました。
これでA・K・B・4・8すべてのチームが出そろうことになります。

唯一心配なのは、オーディションで選ぶということ。
この前、微妙なドラフト会議があったばかりで、
新しいことに挑戦する姿勢はよいものの、
研究生制度の意味が薄れてきそうで、ちょっと心配です。

まあ、何はともあれますます大きくなる
AKB48はまだまだ注目の的ですね。



【AKBファンが知るべき47のこと】
 その1:  48グループ 
 その2:  まずは推しメンを決める 
 その3:  構成員は正規メンバーと研究生 
 その4:  会いに行けるための活動 
 その5:  48グループはチーム制 
 その6:  毎日逢いに行ける劇場公演 
 その7:  握手会システム 
 その8:  握手会用語集 
 その9:  選抜・非選抜という身分制度 
 その10: メロンパン同盟 
 その11: センター 
 その12: アンダー 
 その13: メンバーの顔文字 
 その14: 神セブン 
 その15: 干され7 
 その16: 恋愛禁止条例 
 その17: ミックス 
 その18: AKB0048 
 その19: はるか 
 その20: ぐぐたす 
 その21: 選抜総選挙
 その22: 釣り師 
 その23: まゆげ 
 その24: 生誕祭 
 その25: 組閣祭り 
 その26: セレクション 
 その27: 前田敦子の朝ごはん 
 その28: ツインタワー 
 その29: AKBINGO 
 その30: じゃんけん大会 
 その31: 北原ダイヤモンド 
 その32: マジすか学園 
 その33: はかたのりの 
 その34: NMBは、げいにん! 
 その35: 岩  
 その36: HaKaTa百貨店 
 その37: 復興ボランティア活動 
 その38: AKBはドキュメンタリー 
 その39: しのぶ 
 その40: AKBカフェ 
 その41: AKBのあんた、誰? 
 その42: 高須クリニック 
 その43: ハラキリ 
 その44: 札幌(SPR)48 


posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(46) | TrackBack(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

サンゴ礁センター13回目の誕生日


年始は何かとイベントが続きます。
(といっても正月のような年始特有のイベントではないですが)

先日は、パラオ唯一の水族館、兼(というよりメインの)
国際サンゴ礁センターの13回目のアニバーサリーがありました。
$20でディナー付き、クジなどのゲームもあり。
ドリンクは別だったけど、瓶ビールが$3くらいで
ふつうのレストランで飲むよりは格段に安かった(^^)

当日の雰囲気。PICRC(サンゴ礁センター)の
外にテントを張って、海辺でご飯を食べる感じです。
P1185491.JPG

P1185533.JPG

P1185536.JPG

始まる前、大統領がいろんな席をまわって挨拶をしていたので
僕ら(JIVAボランティア)もついでに握手してもらいましたw
パラオでの大統領は村長みたいな感じなのです。
でも国連にも出席できるし、日本に来ると首相にも会えるので
なんだか不思議な感じです。身近なのに偉い人。
P1185501.JPG

所長がワインやビールをおごってくれました。
ワインは赤2本白1本を空けて、
さらにビールもたくさん飲み尽くしました。
P1185504.JPG

P1185512.JPG

食事もなかなか豪華!(量がちょっと少なかったけど)
いつもの、刺身・ポーク丸焼き・サラダ・タロイモ・タピオカ
タロイモスープ(蟹入り)・ご飯・チキン、などなど。
P1185523.JPG

P1185487.JPG

クジは何もあたらなかったけど、隣のテーブルがワインを当てて
飲まないってことでこっちのテーブルにくれました!ラッキー!!
P1185538.JPG

PICRCは、水族館としては圧倒的にしょぼいけど、
研究やイベント(アニバーサリや勉強会)はなかなかのレベルで
やっているので、今後も注目していきます。

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(30) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

タージのダンス


久しぶりのインド料理店タージのバーへ。
ふつうに行くと1人$20以上かかる高級店。
金曜のお昼なら$14で食べ放題(おかわり自由のアイスティー付き)!

シニアボランティアの方からダンスがあるから行かないかと
一斉送信があり、ちょうどその時短期ボランティアの人達と
連絡室に居たのでみんなで行くことにしたのです。
P1115210.JPG

なかなか素敵な雰囲気。
強めのカクテル1杯だけにしておきました。
(ここに来る前に何杯か飲んでいたので)
でも、シニアの方がJV5人分おごってくれました!
なんと感謝するべきか。
P1115215.JPG

ラテン系のダンスも踊って楽しい夜でした。
(1時間くらいで帰ったけど…)
P1115267.JPG

パラオにはこういう飲み屋はあまりないので、
行ける時には行っておかナイトですね。

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

複雑系のオンライン講義1 @サンタフェ研究所


サンタフェ研究所の Complex Explorer プロジェクトの1つで、
複雑系サイエンスの無料オンラインコースを受講してみました。

Introduction to Complexity (Fall, 2013)
シラバス
 1. 複雑系とは何か?
 2. 力学系とカオス
 3. フラクタル
 4. 情報、秩序、ランダム性
 5. 遺伝的アルゴリズム
 6. セル・オートマトン
 7. 生物系の自己組織化モデル
 8. 社会システムの協調性モデル
 9. ネットワーク
 10. 生物学と社会学におけるスケーリング
 11. まとめとサンタフェ研究所の紹介



シラバスを見てわかるように、複雑系の基本を簡単な数学のみ
を使って(一番難してくても対数)紹介するコースです。
カオスやフラクタルなどはかなり有名な複雑系の分野で
この2章だけでも複雑系を垣間みることができます。


また、このコースではnetlogoという独自の
シミュレーションプログラムを使って、
複雑系の現象を目で見ることができます。
たとえば「セル・オートマトン」では以下のような
Game of Life のシミュレーションを実行することができます。
これで遊ぶだけでもかなり面白い!

Screen Shot 2014-01-20 at 9.55.11.png

他にもいろんなシミュレーションプログラムが
用意されていて、コースで学んだ現象を実際にパラメータを
変えながら実験することができて、遊びながら
複雑系を勉強することができます。

この先も、いろいろなコースが
続くようなので楽しみです。

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(26) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

環境大臣 歓迎レセプションの会場と料理


環境相歓迎のレセプションの会場は、ガラマヨンセンターという
パラオで一番大きい?市民(国家)ホールで開催されました。
大臣や大統領が来るということで、さぞ警備が厳しいと思いきや
入る時に身分証明書も必要ないし、名簿に名前を書くことも無い。
バッグの中をチェックされることもなく素通りでした。
日本人の方はあちらの方に〜と完全にスルーで入れます。
いいのかね、こんなザル警備で…


レセプションルームは結構な広さがあるけど、
天井を見るとパイプがむき出し…
このあたりはまだまだですね。
P1135325.JPG

料理については、パラオのイベントで出される料理の中では
最高クラスでした。豚丸焼き、バーベキュー、サシミ、クラブ
お寿司、ウカエブ、サラダ、デザート。
そして、ココナツジュースと麦酒とワインが飲み放題。
(最近、飲酒運転の取り締まりが厳しいから、アルコール無しだと思って
 うちで0次会してきてしまった…)
P1135312.JPG

P1135404.JPG

P1135398.JPG

P1135405.JPG

P1135414.JPG

P1135303.JPG

次回はどんなVIPがパラオを訪れてくれるのでしょうか?
今から楽しみですね。(また招待してほしい!)

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

環境大臣の歓迎レセプション


この前、石原環境大臣がパラオに来られて、
歓迎レセプションに在住日本人も招待されたので行ってきました。
(実際いた日本人は、大使館・JICA・NGOがほとんどでしたけど…)

以下、参考。
 島国の環境対策、まるごと支援 政府、まずはパラオに
 石原環境大臣のパラオ訪問について(お知らせ)

かなり豪華な感じ☆(パラオではね)
P1135315.JPG

P1135408.JPG

パラオ伝統ダンスの披露。見慣れたダンスですね。
(じゃっかん見飽きたw)
P1135411.JPG


大統領のあいさつ。議長や元大統領の方々もですが、
日本語を多用されていましたね。
P1135363.JPG

大臣挨拶。
なぜか、パラオ風の日本語も混じっていましたw
(写真を撮っている人達は仕事で撮ってます)
P1135366.JPG

後半は、JICAボランティアが挨拶する時間もありました。
ちょうど陰に隠れてしまいましたが…
P1135429.JPG


そして念願の、大統領・大臣との3ショット!!
Screen Shot 2014-01-14 at 10.25.40.png



…って、ほんとはこれを切り抜いただけでした。
JICAとJMAS合同で撮った記念写真。
P1135451.JPG

翌日の新聞にもちゃんと載ってました。
P1155468.JPG

この機会に、島まるごと支援の内容や
大洋州の環境脆弱性についても勉強してみようと思います。

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(22) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

道路の穴


マラカル島にあるエグゼクティブ・ラウンジに向かう途中の道路がひどい。
コロールのメインストリートをまっすぐ行き、
マラカル島の半ばくらいで右に曲がります。
そこに行くまでの道路は舗装されていてきれいなんだけど、
予算が途中で切れたのか、曲がって少しすると道路が穴だらけ。

P1115203.JPG

まるで池。普通の車は通れません…
P1115207.JPG

この道路の先にはいくつか観光会社があります。
外から来た人が多く目に触れる場所なので、
早いところ、直してほしいものです。
P1115205.JPG

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

補修校スタート


短い冬休みも終わり、日本語補習校の3学期が始まりました。
また、いつも通りの週末が始まりそうです。
 土曜日:補修学校右矢印1イタボリ
 日曜日:ダイビング

3学期の最初は、書き初め。
1年生は初めての挑戦。担当している子はすぐ飽きちゃって
ピクチャー(絵)描いてもいい?とか言い出して
2度書きもするし、なかなか大変でしたw

P1115172.JPG

みんな上手〜♪
P1115180.JPG

書き初めの後は、羽根つき大会。
なかなか難しいんですが、子供達はがんばってましたね。
P1115182.JPG

新しいJICAボランティアも先生として参加してくれそうで、
3学期も盛り上がっていきそうです。

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

25年度3次隊 歓迎会


1月最初の週に25年度3次隊のボランティアがパラオに到着して
その週の週末に歓迎会を開催しました。(JIVEというレストラン)
今回はバラエティ豊なメンバー。

 長期(2年)シニア隊員2人
 短期(11ヶ月)JV隊員1名
 短期(2ヶ月)JV隊員3名

P1105031.JPG

ご飯はローカルフードなど。
P1105028.JPG

P1105157.JPG

2ヶ月という超短期隊員もいるので、
余すところなくパラオを経験してもらおうと
幹事の計らいでパラオ名物のフルーツバットも出してもらいました。
P1105081.JPG

久しぶりに食べると、ちょっと生臭く、
そんなに美味しくはなかったですね…
P1105151.JPG

短い方も長い方も、よろしくお願いします!

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

新年会@大使公邸


この前の水曜日、大使公邸で毎年恒例(らしい)新年会がありました。
広い公邸に、パラオ在住の日本人(350人くらい)のうち
50〜60人が集まりました!
前に一度、食事会で来たことがあったけど、やっぱり良いお家ですね。
パラオで一番いいんじゃないだろうか。
(それでも他の国の大使公邸に比べたら小さいらしい…)

玄関入ってすぐに獅子舞の置物が。
P1084978.JPG

他にも日本らしい飾り付け。
P1084979.JPG

料理は日本っぽいものばかりでした。
まずは、おせち料理!
こういうの食べると正月らしい雰囲気になりますね。
P1084993.JPG

お赤飯
P1084990.JPG

焼きそば。普通の焼きそばではなく、
年越しそばの汁無しのような感じ。
P1084992.JPG

イベントとしては、餅つきがありました。
自分は突きませんでしたが…(餅もあんまり好きじゃないし…)
P1085004.JPG

P1085010.JPG


posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

【グルメ調査】 Ramen House


ここも知っていたけど、なかなか行けなかった
(行く気にならなかったお店)
コロールのまんなかあたり、スーパーマーケットWCTCの
隣の隣くらいにある、小さい小屋のラーメン屋。
(どんぶり系のメニューもあります!)
PC284745.JPG

店内はこんな感じ。
クーラーと扇風機があるけど、ちょっと暑い…
PC284746.JPG

注文したのはシーフードラーメン($9)。
味はまあまあ、そんなに悪くなかったですね。
いろんな貝がたくさん入っていて、独特な感じです。
PC284747.JPG

他にもチャーシューメンや、オリジナルラーメンなどあり、
またどんぶりものもたくさんあるので、
土日の昼とかで行ってみようと思います。

現地に住んでいる時以外は行かなくてよいお店。
(観光ならもっといい店へ!)


カツ丼
P8231114.JPG

ネギ辛みそラーメン(これは美味しい!
P9061280.JPG


posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

この世で一番おもしろいミクロ・マクロ経済学




そんなに面白くはなかった。


IMG_3586_R.JPG

<目次>
 Part1:個人の最適化戦略
  Chapter1 はじめに
  Chapter2 ディシジョンツリー
  Chapter3 時間
  Chapter4 リスク
  Chapter5 個から多へ
 Part2:相互関係における最適化戦略
  Chapter6 ケーキを切り分ける
  Chapter7 パレート効率性
  Chapter8 同時手番ゲーム
  Chapter9 オークション
  Chapter10 多からもっと多へ
 Part3:市場における最適化戦略
  Chapter11 需要と供給
  Chapter12 税金
  Chapter13 限界効用
  Chapter14 弾性力
  Chapter15 経済学で世界を見渡すと
  Chapter16 まとめ


IMG_3587_R.JPG

<目次>
 Part1:単一のマクロ経済学
  Chapter1 はじめに
  Chapter2 失業
  Chapter3 お金/貨幣
  Chapter4 インフレーション
  Chapter5 国内総生産(GDP)
  Chapter6 政府の役割
 Part2:国際貿易におけるマクロ経済学
  Chapter7 貿易と技術
  Chapter8 古典派の経済観
  Chapter9 貿易にまつわる面倒な話
  Chapter10 開発援助(ODA)
  Chapter11 外国為替
 Part3:グローバルなマクロ経済学
  Chapter12 景気の波の終わり
  Chapter13 貧困の終わり
  Chapter14 惑星地球の終わり
  Chapter15 若さの終わり
  Chapter16 終わり


posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

【グルメ調査隊】 アイランド焼き肉


1年以上経って初めて行きました。
なぜかって?来て少し経ってから、
ここは量が少ない割に高いと言われていたからです。
あと送迎がないと思っていた。
(実際は送迎あり。しかもアラカベサン島までOK)

店の雰囲気。正月(超混む時期)なのにガラガラ…。
この焼き肉屋は韓国系です。店員はフィリピン人だけど。
P1034826.JPG

P1034827.JPG

韓国料理には必須のキムチなどの付け合わせ。
P1034825.JPG

肉の写真を撮り忘れてしまったけど、
牛タン・骨無しカルビなどなど、なかなか美味しかったです。
ただ、量の割には高い。どの皿(肉)も$16〜20。
P1034824.JPG



posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

ホームステイで過ごした新年


1月1日、この日はパラオの年末年始の唯一のお休みの日。
ここでは、日本みたいに「年末年始休暇」という考えはないのです。
お昼頃までのんびりして、
ホームステイ家族と一緒にお昼を食べました。

New Yearはクリスマスと同じように、ご馳走を食べるのです。
酒飲む若い人がいたら、
きっと昼から夜までBBQしながら飲んでいるはず。

パラオではOsiruko(おしるこ)を正月に食べます。
味も日本と同じ。あんまり好きではないけど、なかなか美味しい。
P1014795.JPG

陸ガニ…身を食べるというより、
ミソ?的な濃ゆーい味の場所を食べます。
親戚の高校生の子は4つくらい食べてたけど、俺は1個も無理でした…
P1014800.JPG

チキンの丸焼き。(クリスマスではターキーでしたが正月は鶏)
P1014803.JPG

子供達は親戚の子から、New Yearのプレゼントを貰っていました。
火薬を鉄砲のおもちゃに取り付けてうるさい音を鳴らせるやつ。
(ほんとうにうるさい)
P1014810.JPG

一番下の子もうるさくて耳を塞いでいます。
P1014804.JPG

後半は鉄砲で発火させずに、
6発まるごとを木の棒でいっぺんに発火させていました。
銃で遊ぶというより、ただ音を出したいだけですね。
そういえば、パラオの人は爆竹も好きだし…
P1014811.JPG

いつもと違った新年もいいもんですね。

posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

グアムの表の姿と裏の姿


グアムと日本人 − 戦争を埋め立てた楽園 −  (山口誠) 
Screen Shot 2014-01-04 at 13.51.05.png

JICA連絡室にあった本です。
パラオという土地柄、オセアニア地域や
太平洋戦争に関する本が多くあり勉強になりますね。

本書では、グアムがスペイン王国に「発見」されてから
米西戦争でアメリカ領土となり、その後日本が植民地化して
「大宮島」となり、太平洋戦争で再びアメリカ領となった
歴史を踏まえて、現在の一般的な日本人から見た「南の楽園」
としてのグアムとのあり方の違いを、特にメディアの扱いという
視点から論じています。

観光地としてのパラオでもそうだけど、戦争時代の歴史と、
今の日本人だらけの観光の雰囲気がなんとも合わないのです。
(実際にパラオ人に接すると、観光以外の場所では
 ちゃんと歴史を踏まえて日本と日本人を見てくれていますが)

グアムで見たヨッコイショウイチ(横井庄一)は
大変な生活を続けて、やっと日本に帰れたという歴史しか見なかったけど、
この本ではその人がその後、メディアでどのように語られて
またそれがどのように観光産業に繋がっていたかが書かれています。

最初は、同じアメリカに近い国(グアムはアメリカ領だけど)
としてグアムは発展してて、なんでパラオは発展しないんだろう?
国家として独立せずにアメリカの一部の方がよかったのでは
とも思った時もあったけど、グアムのあまりの日本となったタモンの
姿を見たら、まだパラオの方がよいのかもとも思ったり。



<目次>
 第1章 「大宮島」の時代
 第2章 基地の島と観光の道
 第3章 楽園の建設、記憶の埋め立て
 第4章 値札と忘却
 第5章 見えない島


posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

パラオで新年お祝い


2012年のタイ以来、海外での年越し。

シニア隊員がPRR(パラオ・ロイヤル・リゾート)ホテル
で年越し演奏をするというので、
別のシニア隊員と一緒に行ってきました。

☆クリスマスツリー☆
PC314756.JPG

パラオではクリスマスツリーはクリスマスから、
年越しまでずっと飾るのです。一続きのお祝い。
日本とは違いますね…
日本だとクリスマスからお正月は
まったく繋がってないですから。

$30で食べ放題・飲み放題。夜11時からですけど…
PC314768.JPG

ビール・ワイン・ジン・ウオッカなどたくさん飲んだ後、
いよいよカウントダウン!
PC314775.JPG

バンドの音楽とともに、飲んでダンスしてお祭り騒ぎ♪
ハッピーニューイヤ〜
今年もよい年でありますように(・∀・)
P1014780.JPG

で、肝心の演奏ですが、ついにその隊員の演奏はありませんでした。
あとで聞いたところによると、僕らの入ったレストランではなく
別なバーで演奏していたようです…
店違いだったとは…
まあでも楽しい年越しだったので良しとしますか。




posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

職場のクリスマス会


ホームステイでのクリスマスに引き続き、
職場+議員などとの合同クリスマス会にも参加してきました。
これは毎年行なわれているようです。

夕方、真っ暗な道をTドックに向かってずっと歩くと
(夜ここ歩いたのはじめてで、ちょっと怖かった…)
PC274748.JPG

行き着いた先にあるサンセットバーが会場。
ここは日本人だけでは絶対行っちゃいけないと言われていて、
よく深夜に酔ったパラオ人がケンカして殺傷事件が起きているのです。
(今回は貸し切りだしパラオ人と一緒なので問題ナシ)
PC274758.JPG

お酒以外は無料で食べれるご馳走!
パラオ人も大好きなサシミ。
PC274785.JPG

豚の丸焼きも!大きなイベントの時は必ず出てきますね。
PC274763.JPG

フルーツ盛り合わせ。
PC274783.JPG

蒸しタピオカ。
PC274786.JPG

こんな感じで盛りつけました。
PC274780.JPG


職場の人たち〜パラオ人やアメリカ人
PC274790.JPG

海賊っぽい人達もいました。
同じ職場でほとんど顔合わさないアメリカン人とも仲良くなって
今度飲みましょうと社交辞令的に約束しました♪
(ダイビングとか共通の話題があってよかった)
PC274766.JPG


飲み食いの前には議員の偉い人の話がありました。
話途中でもかまわず掃除が入りますw
PC274796.JPG


パーティのメインは、それぞれの団体のダンスです。
これは議員たちのダンス。なかなかはじけてました…
PC274815.JPG

別の団体のダンス。まんなかの女性は男性が女装してます。
PC274827.JPG

で、僕らのダンス。
パラワンダンス・イギリスダンス・日本ダンス(阿波踊り・ソーラン節)
の混合ダンスです。これもなかなかめちゃくちゃで…
Screen Shot 2014-01-02 at 9.48.06.png

あとは演奏を聞きながらダンスをしたり、食べ物を食べたり
飲んだり、話したり、のんびりとしたパーティでした〜



posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。