2015年06月25日

バーガーハウス


パラオ、コロール州のまんなか、
パラオホテルの近くにあるハンバーガー屋さんです。
2014年後半からは、中国人が増えて、
常に人がいて繁盛しているように見えます。
PA061239.JPG

PA061238.JPG

すごく美味しい、というわけではないですが、
他に適当なハンバーガー屋もないので、
時々食べたくなっちゃいます。
(パクリ疑惑かつ高い、バーガーシーは論外)

PA061240.JPG




posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | JOCV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ。
ハンバーガー屋さん、お店が豪華になっている(笑)。
私が初めて行ったパラオで、美味しいジュースを買いに通っていたお店でした。
あまりに毎日行くものだから、やはりここで毎日食事に来ているおじさんと挨拶するようになり、英語も話せない私は、おじさんと単語で話をしてました。

私がホテルから出て、今日もジュースを買いに行こうとしたらおじさんが「どこへ行くんだ?車に乗っていけ」と言われ、「近くだからいいです。」って日本語で言ったのですが(笑)おじさんに押し切られ警戒心もなく車に乗り込み・・・・・。車に乗りたった30秒で、ジュース屋さんへ到着しました。
ねっ、大丈夫って言ったのに〜。パラオホテル宿泊の私でした。

長々コメントさせて頂きました。と申し訳ございません。
Posted by 白熊ちゃんです。 at 2016年03月10日 10:42
> 白熊ちゃんです。様

前はもっと違ったんですかね。ここ以外にも、コロールのメインストリートは
なかりかわってしまって、今見たらきっとびっくりますよ。

パラオホテルから、ここまで車で行くのは・・・歩いた方が早いですよね。
私はコロール市内なら(飲んだ帰り以外は)30分くらいは歩いていました。
暑くて死にそうでしたが。

地元の人たちといろいろ交流があってよかったですね(^^)
いい人おおいので。
Posted by 色人 at 2016年03月13日 21:47
地元の方は親切で、優しい方ばかりです。

初めてのパラオで一人旅の際、郵便局で記念に切手を買ってから「博物館まで歩いて行くんだ。」と話したら、あの大きなお兄さん(失礼・・・)「日中は暑いから歩くのはだめ、タクシーを呼んであげる。」と言って下さいました。


2度目にパラオへ訪れた際、郵便局の横の道を歩いて博物館へ向かっていたのですが、現地の若い女性が運転する車が止まり「どこまで行くの?連れて行ってあげる。」と言われ、やはりお断りしたのですが・・・・・主人と2人で乗車。目と鼻の先の博物館へ乗せて行って下さいました。


気が緩みっぱなしで、通常の海外旅行ではあり得ない事ばかりをパラオではしていました。

今考えると、怖いですね。



Posted by 白熊ちゃんです。 at 2016年03月16日 18:07
>白熊ちゃんです。 様

パラオの旅行は、他の国よりも国が小さい分逆に安全かもしれません。
みんな、優しいし(日本人だとわかるとさらに優しくなる人も)。

英語がわからなくても、店名・場所名さえ言えれば、
日本語もわかってくれる人もいるし、なんとかなりますよね(笑)
Posted by 色人 at 2016年04月24日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377031828

この記事へのトラックバック