2016年03月15日

記念ダイブは沈船


さて、BM3本目は初めての場所、ハファディレックという沈貨物船。
戦艦などがたくさん沈んでいるパラオでは珍しい(?)
貨物用の船です。ハファディとついているのでグアムから来た船ですね。

P2074863.JPG

ちょっと雰囲気こわいですね。透明度も悪いし。
P2074822.JPG

甲板にも入れます。屋根付き。
P2074800.JPG

どこかへの入り口(出口)
P2074808.JPG

P2074783.JPG

扉の中には・・・入れません。
P2074813.JPG

ワインでしょうか・・・
P2074768.JPG

ちょっと狭いけどデッキも進んでいけます。
P2074764.JPG

今回のこのダイブで偶然にも150本を達成していまい、海の中で記念撮影。
(初日に3ダイブしたので、この回で達成できたのです)
150本記念_ハファディレック.JPG

150本では記念Tシャツはないとのことですが、そこで働いている友達に行ったら
昼休み返上でこれを作ってくれました。感謝!
IMG_20160209_144652.jpg




posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


戦時中の船じゃなく貨物船なのに、不気味な雰囲気が漂っていて怖いです。
でも、貴重な海の中のパラオを見る事が出来て嬉しいです。
ありがとうございます!

そして、150 DIVE  おめでとうございます♪



私の伯父が戦後、アンガウル島から帰還。
「パラオ」という国をしったのは私が小学生になってから、伯父がパラオでの出来事を話してくれていました。



Posted by 白熊ちゃんです。 at 2016年03月16日 17:26
>白熊ちゃんです。様

ありがとうございます!
幽霊とかはいませんでしたが、雰囲気が地上にはない感じで独特でした。
魚だけじゃなく、海の世界は不思議がいっぱいです。

伯父様はアンガウルから帰還されたのですね。
私も向こうにいる間、ペリリュー・アンガウルの戦争中の話はよく聞き、それぞれの島にも行きました。
アンガウルの生き残りの方にも何度かお会いして、読んだり聞いたりする話と、
今の綺麗な観光地としてのパラオの違いにショックを受けたのを覚えています。。
Posted by 色人 at 2016年04月24日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。