2016年05月01日

古武道演舞


亀戸の香取神社にて、古武道奉納大会というのが
やっていたので行ってみました。

IMG_20160429_101108.jpg

IMG_20160429_101124.jpg

IMG_20160429_102805.jpg

IMG_20160429_101139.jpg

演舞した流派は以下の4つ。
 土佐英信流
 柳心照智流
 双水執流
 竹内流中備伝

柳心照智流の居合は、片手で流れるように扱う技が多く、
あまり見ない動きだったので、参考になりました。

IMG_20160429_110427.jpg

IMG_20160429_111805.jpg

竹内流は、居合・剣術・体術以外に、杖術(3種類の杖)
短刀、槍、薙刀、そして鎖鎌と武器の数が多かったですね。
特に最後の鎖鎌は、分銅を相手に投げたり、
鎖で刀を絡め取ったっり、独特な使い方がありました。
あと、刀でも鎖鎌でもあったけど、自分の武器を捨てて相手の武器を取り、制する技。
自分の武器に固執しない構えも大事ですね。

IMG_20160429_124016.jpg

IMG_20160429_123250.jpg

IMG_20160429_123612.jpg




posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

合気道セミナーにて慣性力制御を稽古


さて、日本(北海道)に帰って、
1ヶ月以上経っちゃいました。早いもんですね。
まだまだパラオが恋しいですが、
北海道生活にも慣れてきた頃です。


4月最後の日曜日、札幌遠征へ!
まずは最初の目的、部活時代の2個下の後輩に会ってきました。

SAMURAIにてスープカレー!やっぱり、札幌といったら
スープカレー(とジンギスカン)ですね。
P4260406.JPG

後輩達は3人とも子供がいて、どっちも小さくてかわいかった〜


夕方前にバイバイして、札幌市中央体育館へ移動。
大学時代の合気道の先生が主催している
春風館のセミナーに参加してきました。
合気道なんてすごく久しぶりで不安ですが…

今回のセミナーのテーマは「慣性力の制御」でした。
どんな技をかけるときも、肩の力を抜いて、
手や腕を使わず、腕は体幹の重みを伝えるだけ。
というのはわかっていますが、なかなかそれができない。

その難しい動きを実現する方法として、
まず前方へ出るなどの動きをして、
相手に技をかける前に、その運動を突然止めて
運動の慣性をぐっと体内(体幹)にためて、
そのエネルギーを使って、体を動かす。
すると、なぜか、体がまとまって、
手腕が使われず、体幹の力を伝えやすくなる。
具体的な技としては、小手返し・突きや掌底
打ちで相手を崩す・竹刀での崩し・指一本で相手を押す、
などなど。難しいのもあれば、コツがつかめればできるのも。
この慣性を利用する方法、型の中で実現するには、
入身や転換の動きをした後に止まる時にきゅっとするといいかも。

どんな動きをするときも、常にこの状態でいるのは
とてもじゃないとできないですが、これを意識して
稽古してればいつかできるようになるんでしょうかね。
なんにしても、意識して稽古しないと始まりませんが。
できた時は本当に面白いので、今後も続けていきたいですね。

技の解説などはこちらを参照下矢印1
Facebook春風館
まあ、やってみないと見てるだけでは
わからないと思いますが…

この稽古では部活の1個上の先輩が来ていたり、
10個以上も下の現役がいたりといろいろ刺激的でした。
型もいくつか試してみたけど、割と体が覚えていた。
捕りでは、四方投げ(外腕捻り)・入身小手返し・腰車、
受けでは、綾返し・綾落とし。ちゃんとできるもんですね。


夜は札幌駅近くの居酒屋で打ち上げ。
飲み放題とこれだけの海鮮(刺身やラーメンも)を食べれて
3000円ちょっとってやっぱり安いですよね。
P4260409.JPG

たくさん稽古して、たくさん飲んで
懐かしい方々にも会えて、大満足な1日でした。

…ただ、稽古が久々すぎて、
飲み会中に筋肉痛が始まって、それが3日続きました(_ _)
千歳の合気会でも通って、体を慣らさないとなー


posted by 色人 at 00:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

2010 学生大会


6/27(日)
武田流合気道学生大会。

二日酔だったけど、見に行く約束をしてしまったので
がんばりましたよ。
懐かしいね、この雰囲気。
(国家斉唱とかほんと昭和)

写真wdewdewd 1 (5)_R.JPG


試合ですが、ほんとに来てよかったと思った。
こんなにもアツいものだったっけ?
特に準決勝が熱かった。
3回戦まで、引き分けで、副将が負けて、大将が勝って
延長戦の末、北大が勝ちをもぎ取る。
あれは会場全体が熱気に包まれ、僕自身も
ああいう感覚を味わったのはほんとうに久しぶり。

写真fqwefqwef 2 (6)_R.JPG


結果は、応用自由型、個人総合、団体戦は北大が優勝、
また団体戦の上位3位は北海道勢が占めるという快挙。
先生もきっと喜ばれていることでしょう。

写真 efwefwefwef(5)_R.JPG

写真 4 (4)_R.JPG



選手のみなさん、お疲れ様でした。
また、冬に東京で会いましょう。



posted by 色人 at 00:07| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

稽古日誌_20090816


2月1日以来の稽古・・・

いやぁ、ひどいもんでした。
技がどうこうの前に体が動かない。
HPの減りも激しく、立ち眩みもして
稽古の3分の1は見学しちゃいました(汗)

(すべて 逆半身片手取り)
   ・半身半立 四方投げ  → 膝行での入身・転換ができん。
   ・四方投げ
   ・手鏡から小手返し
   ・内回転投げ
   ・外回転投げ
   ・一教  (ニ教、三教は見学)
   ・座技呼吸法(両手取り)














帰ってから、2時間ほどお昼寝する。
(寝る前も後も体がぎしぎしいってら)
晩御飯にエリンギ+玉ねぎのトマトパスタを食べながら
動画を見て、お盆最後の休日をのんびり。
(お酒無デー)

IMG_0124.JPG





(8/18)
posted by 色人 at 00:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

2009 学生大会


いま報告会やっているのでそろそろ写真とか載せても大丈夫だろう。
結果は部活ページが更新されるのをお待ちください。



会場にて、祝電?が届いていたので見せてもらった。

090712_1223~01.jpg

090712_1223~02.jpg

つくし



今回の試合、千葉学生会は強かった。
団体戦の先鋒はトランスしていて、相手が倒れたら
グーで殴りかかろうとしてたしw


北海道で審判をやっていたことを思いだし
学生から判定の話を聞くと、まぁそういうなよ、
という気持ちになる。

にしても、審判員の方達はみんな大変そうだった。
上の方の先生でも、
止めるべきではないところで止めをかけてしまい
苦い顔していたり(これはよくわかる)。

あと全般的に審判長ばかり気にしていて、
やりにくそうだった。
主審なんだから、気にせず堂々とすればいいのに。
たしかに周りから見ていた方が良く見えるんだけど、
それなら審判方法を変えればいいんだし。


090712_1301~01.jpg

090712_1448~01.jpg



試合自体はひやひやもの。
負けが続き、勝っていた主将も判定でぎりぎり。
団体も2勝2敗1分けや判定など、これまたひやひや。
H間が勝ったときの、M継の
 「H間、かっこいい〜!」
の声は会場中を笑いの渦に巻き込んで一本。
応用自由型もかっこよかったす。
(最近は、魔封波みたいなのをする人はいないんだね。
これを応自で見たときはマジに笑った => 9年前か)






表彰式。
090712_1703~01.jpg

090712_1705~02.jpg


集合写真。
090712_1710~01.jpg

アップで。
090712_1710~02.jpg



2日間、ジュエルス → 壮行会 → 試合見学
でなかなかハードでしたが、格闘週末ってことで、
いい刺激になりました。




posted by 色人 at 00:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

第47回全日本合気道演武大会


何カ月も稽古してないので行きませんでしたが・・・
せめて様子だけでも。


先生の先生である多田宏師範の演武。









植芝守央道主の演武。











ああ、稽古したい。
畳の上でころがりてぇ。




posted by 色人 at 00:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

北海道藍之会 動画うp


藍之会の動画がアップされていました。(飲み会後の写真付)
http://www.hokkaidousoubukan.com/diarypro2/diary.cgi?no=10

ちなみに、「寝返り」・「羽交絞め」の見取受けは私です。




1、寝返り


2、小手返し


3、羽交絞め


4、タックル潰し


5、まとめ








posted by 色人 at 00:16| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

稽古日誌をつけるはずが


日曜は久しぶりに昼近くまで寝て、
13時からの稽古に向かった・・・んだけど、
途中でなんだかダルくなってしまって(モチベーション不足)
引き返してしまった。

途中、ぷらぷらして、コンピュータアーキテクトとSF小説の本をゲットし
家に帰ってゴロゴロ。
090315_1421~01.jpg


昼間からビールを飲みつつ、アニメを見つつ、
最速動画を見つつ、本を読みつつ、女の子を見つつ、
幸せな時間を過ごす。(ダメ人間的なのは気にしない)

090315_1421~02.jpg

090315_1716~01.jpg

来週が一つの山なので、しっかりと休息〜



札幌、じゃない、石狩では紅白試合が開かれたようで、
2次会も大変盛り上がっているようで、
いいなぁ☆


posted by 色人 at 12:12| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

稽古日誌_20090201 と 中本


二日酔いで1時間ほど遅刻して参加する。

正面打ち

入り身投げ:
 相手の打ちとすれ違うように背後に入って、自分側の下方に崩して
 さらに自分の腕に引きつけつつ、投げの手を天の手にして、
 踏み込みと同時に一気に地面へ向かう。

小手返し:
 転換した後に入身返しで投げる(武田流と同じ)だけではなく
 転換後に相手の背後の方に向かって投げる方法も学ぶ。

外転換投げ:
 相手は受け身を取るつもりで受けているので「投げ技」というよりは
 受け身の練習のひとつであり、相手と呼吸を合わせる稽古だと思う。
 お互いそれなりにできる人同士ならば、
 相手に手を放されないように動くにはどうすればよいか、
 ということの追求はできそうだった。

四方投げ:
 ゆっくりと基本に忠実に。
 剣を振りかぶったときは、腕の真下の地面を見て、
 反転して投げる瞬間も相対的に同じ位置を見る。
 相手を見ない。

合気道の方向性。
ある程度技の分類が可能で、
動きがどのくらい分節されているかの評価もできるかもしれない。


新宿で激辛ラーメン

夜は新宿で同期と中本ラーメンを食べる。
激辛だったけど、基本の3だったのでわりと余裕で食べ切れました。
北極(MAXの辛さ)を頼んだ人が、
むせながらがんばって食べていたのが面白かったなぁ。
090201_1838~01.jpg 

090201_1922~01.jpg


ラーメン食べた後は、ゆふを招集して坂口・DJの4人で軽く飲み会。
(月の宴@新宿)
とりあえず来週の予定と、今後のことを話合うことはできた。
090201_2115~01.jpg 

090201_2002~01.jpg

posted by 色人 at 22:51| | Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

稽古初め_20090118


相半身片手捕り

一教・二教・入身投げ・四方投げ・座技呼吸法。
捕られた瞬間に捌く!!  ← 大事な事。忘れてた。
今日は見捕り役をやらせていただき、
途中、立ち眩みして少し休憩したけど、無事稽古初めは終了。
打ち上げは武蔵小杉の行きつけの店『小杉らぁめん 夢番地
で早めの晩御飯。

090118_1539~01.jpg



New PC

帰ってからは届いたばかりのPCをセットアップ!
デルのデスクトップ。荷物じゃま。

090118_2003~01.jpg

090118_2036~01.jpg

いやー速いし画面奇麗だし、今夜は寝れなそう☆


posted by 色人 at 11:13| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

20081221_目黒中央体育館 合気道納め


二日酔いの身体にムチを打って、今年最後の稽古へ出かける。
081221_1247~01.jpg
☆双手捕り☆
掴ませる瞬間に転換で捌く。
受けも転身入身しないと技として成立しない(=型稽古)。

 ・呼吸法(下丹田、足裏から吸い込む)
 ・立技呼吸法(表、裏)
 ・四方投げ
 ・一教
 ・外回転投げ
 ・十字投げ
 ・十字四方投げ
 ・二教裏から小手返し
 ・一教から小手返し
 ・天秤投げ
 ・座技呼吸法

--------------------

稽古後、急いで帰ってシャワーを浴びて菊名飲みに向う。
(この前の日曜といい、稽古後に飲みに行くのはほんとに時間がない)
菊名探索は10分で終了⇒飲み屋が全然なくて、結局「笑笑」になった。
今日の飲みは応物人と武田人のコラボ。
属性が違う人たちなのでどうなることかと思ったけど、
楽しく飲めました(飲みすぎました)。かなり酔っ払った。
あんまり覚えてないけど、
らきすたとハルヒとコードギアスをオススメしていたような気がする。
今年一年でアニメキャラも定着してきたのかな。

081221_1929~01.jpg


(それにしても二日酔いがヒドい)

posted by 色人 at 01:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

20081212_稽古_自由ヶ丘文化センター


今日の技=相半身片手捕りから
表裏の捌き:
技・体⇒どっしりとした胴体(正中線)+目線+足捌き
昔は意識していなかったけど、目線って重要だなぁって思う。

一教、二教:
上の手は手刀で下まで切り下ろす。(もう何度も言われている)
そうすっと、小さく手を廻すことがなくなり、大きく相手を崩せる。
二教の手は、相手がしっかりと持っていた場合は抜き手をする。
刀の握り方だけど、人指し指を立てすぎない。

小手返し:
平手抜きから。腰の切りで手の指を中に織り込むのが基本。
相手をうつぶせにするのは二歩で、手首を下におろしながらするとよい。

入身投げ:
相手とぶつかってしまう。相手の力と拮抗しない位置へ捌く。
胴体は実、手は虚。虚実ってやっぱ難しい。
でも向かう方向性はかなりはっきりしてきた。虚実。虚実。


今日のプチプチ打ち上げはいつもの場所で、
期間限定の牛とじ鍋定食↓
081212_2122~01.jpg

帰ってからは、明日の準備。
基本装備&アイテム+アルファで大丈夫だろう。
081212_2202~01.jpg

posted by 色人 at 01:50| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

20081207_日曜練


今年3回目の日曜練。
自由が丘文化センターメンバーが4人もいた!(うち一人は今日の指導担当)

型稽古の見直しをしようと、ゆっくりと止まらず動くことを目指す。
以下メモ。

突き捕り小手返し
小手返しは下段の技、
転換で崩した後は手でなく腰を切ることで投げる。

一教と四方投げ(金曜の多田先生の指導とも合わせて)
相手とすれ違うこときに、半身から両手を右回し(右の技)すると一教、
左回し(右の技)すると四方投げになる。

両手捕り一教
前後に動いても追従されるので、横に崩す。予想できない動き。

突き捕り回転投げと入り身投げ
(稽古後に、指導の先輩に教わる)
前進してくる相手(打ち、突き、取り)に対して半身になり、
相手の結界内(両手を伸ばしてできる三角形)に入らないようにして、
相手の正中線を越すまで入り身する。
腰も前を向けてしっかりと入れる。
その裏気味の側面に入り身した瞬間が一番強い。
ここから、入り身投げ・小手返し・抑え技・回転投げ・四方投げなどに変化する。
化剄の考え方に近い。


-----------------------
稽古後は、一度帰りシャワーを浴びてから、壮行会@上野へ向う。

posted by 色人 at 02:39| | Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

20081205_級審査(自由が丘文化センター)


9−11月はひまひまで、12月になって突然3つの案件を抱えることになって
テンパってるんだけど今日ははずせない。

4月から合気道(合気会)を初めて、今日が初の級審査。
審査前に多田先生の指導もあり、これはやはり面白い。
普段の生活では聞けない話ばかり。
だって、中村天風先生や植芝盛平先生の弟子なんだしな。

ここでいう宇宙の法則とは、ほぼ重力に関する法則であり、
それを物理以外のことばでとらえたものであるように思った。
世界を神話で解釈するか、科学で理解するか、に近い話なので、
うそとかほんととかいうものではない。
身体の内面的な経験という観点では、クオリアのようなものなのかな、とフと思った。
突き詰めると面白そうだ。

他にもいろいろとひっかかる言葉が多かった。
とにかく呼吸法は深いわなぁ。
この前も言われていた、聞こえない音を聞く、と同じような説明があったけど、
飲んで忘れてしまった。他のも全部忘れちゃった・・・



・・・・・
まぁ、とにかく審査。

技は基本の、入り身投げ・四方投げ・天地投げ・小手返し・一教、だったので、
直前に稽古ができなかった点は否めないないがそこそこよかった。
最後の座技呼吸法は、これまで学んだ、
(メッキの)よく見せる手法を活用して、雰囲気もだせたし。
まぁまぁなできでした。

・・・・・

ってことで、

・・・・1級合格しました。

初(5級)の試験だったので、飛び級です。

まぁ、武田流も長かったし、指導している先生もかなり気遣ってくれたので。
でも、やったね。
素直にうれしい。


稽古後は、自由が丘で、合格した人のお祝い会(後ろは先生)
081205_2153~01.jpg
飲み会では、師弟論哲学を学んでいる先輩の話をじっくり聞けたり、
太極拳の話や昔の30分段審査の話など、不可思議な話をたくさん聞けた。


帰ってからは、こなたと一緒に
琥珀エビスという高級ビール(300円くらい)で2人1人お祝い☆
(人形は気持ち悪いとよく言われますが、勝手に写ってくるんです)
081206_0000~01.jpg

posted by 色人 at 12:35| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

打合議事録+稽古日誌(自由が丘文化センター)_20081121


今日は先週から新しく参加したプロジェクトで、顧客と打ち合わせ。
久しぶりに説明をしたら・・・やっぱりイマイチ。
もうちょっとクリアに面白く説明できたらよかったのだが。
それにしても、顧客の会社でかかった。さすが大手電機会社だな。
このプロジェクトは、
短納期の上に作るのが俺しかいないからプレッシャーあるけど
一般公開のシステムの裏側が見れて結構面白い。

昼飯は会社近くの喫茶店でナポリタン。なかなか美味☆
081121_1234~01.jpg

081121_1210~01.jpg

----------------------------------------------

夜は、一週間ぶりの稽古@合気道。
ジュエルスを見に行って以来、もちっと稽古法を考えねばと思い、
自分がここでしている稽古は型稽古なので、実践で使うような技ではなく、
身体を練ること(簡単にいえばいつでもリラックスして動けるような身体作り)
を目的としているので、そのことを意識するためにも、
ゆっくり止まらず動く、という基本中の基本に立ち返ってみようと思う。
先々週の日曜練でも注意されたし。

結局、審査前ということもあり、実力が同じくらいの人と師範の3人で稽古だった。

天地投げ
 掴まれてから、天地に崩す瞬間は丸く相手を引きこむ。手をくるっと回せばよい。
 地の手は外向きの螺旋を描いて、隅落としに崩す。
 だらっと投げずに、鋭く投げろと先生に言われて投げられたけど、
 受け身が危ういくらい真下に落とされた。
 どうしてああいうふうに崩されるんだろう??
 力感覚も全然なかったし・・・・

一教
 横に崩すのもあるけど、基本的には、正中線をずらすだけで まっすぐ入る。
 上の手は手刀で膝まで切り下ろしてから掴む。
 裏の転換は大きく入ること。

二教
 裏の手の動きを初めて習ったかも。
 上の手は手刀で切りながら、二教の形に捕る。
 下の手は相手の手を回して、二教の形に持っていく。対照的。 

三教
 これもほとんどやらないからわからない。
 教えてもらったけど、忘れそう。とにかく八相の構えに向かうこと。

入り身投げ
 首をひっかけずに、自分一人で動いているように投げる。
 相手を投げようとしない。相手がいないものと思って動く。

後ろ両手捕り 四方投げ、腕絡め
 捕られる方が、進んで捕られる位置に移動する。 


全体的に審査は多田先生が好きな技をやればいいみたい。
まぁ所詮は審査なんで。


今日の打ち上げ+前夜祭はいつものメニュー。
牛丼大盛り(つゆだく)、七味たっぷり、卵、ビール。
081121_2124~01.jpg

posted by 色人 at 02:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

稽古日誌?_20081109_目黒区体育館(日曜練)


土曜日
内容はここには書けないけど、渋谷へお出かけ。
自然食レストラン さんるーむ」で食べた健康食メニューは
すごく高級な感じがした。
おいしい☆
sfoueo.jpg

こういうのを食べても、それを打ち消す程の、お酒や脂分を取っているため
健康体には当分なれそうにない・・・
guuuuu.jpg  amaibieer.jpg



日曜は二日酔いながら早い時間に目覚めてしまった。
パスタを食べながら、RSSでブログをチェックしつつ、
攻殻機動隊を見る。タチコマかわいい☆

昼からは目黒区体育館の日曜練に参加する。二度目だ。
今日のメニューは、飛び受け身練(こんなん超楽勝v)、
技はすべて両手捕りから
→ 天地投げ、四方投げ、入身投げ、呼吸投げ、三教、四教、小手返し
まだまだ身体も固く、タコのようにぐにゃぐにゃに動けるようにならないとだめだ。
でも柔らかく動こうとすると、どうしても手投げになってしまう。
身体の芯(胴体)を柔らかく使うこと。

稽古後は定番メニュー2。
牛丼(つゆだく)+温泉卵+大量の七味+ビール
081109_1632~01.jpg
ギザしあわせ〜\(◎o◎)/

帰ってからはビールの続き↓
ギザアル中。
beerbeerhappy.jpg


posted by 色人 at 02:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

稽古日誌_20081107_自由が丘文化センター


北海道での濃い時間を過ごしたあとで、
この平坦な生活に戻ると、軽く憂鬱になりますね。
今週はなんだかダメな感じ。
そういう時の稽古はほんとうにうれしいわ。
やっぱり思いっきり身体を動かすのは気持ちいい☆

さて、審査まであと一か月。
一週間稽古が空くと(日曜練は行ったけど)やっぱり技の質が落ちてしまう。
天地投げの上の手、入り身投げの手を柔らかく丸く上半身を使う・・んだけど
どうしても直線的になってしまうなぁ。
入り身投げの転換はゆっくりでいいので丁寧にすること。
角運動量を考えれば当然なんだけど、身体が理解してくれない・・・
うう、気持ちはすっきりしたけど技の方はいまいちです。

稽古後は定番メニュー。
牛丼(つゆだく)+卵+大量の七味+ビール
081107_2137~01.jpg
しあわせ〜(*^_^*)

posted by 色人 at 01:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

審査まであと7回の稽古(金曜は)


今日から本番機運用が始まった。
さっそく不具合発生…SQLレベルで間違ってた。。ありえん。
ま、それでも18時には終わったので、このプレッシャーは稽古で発散させよう。
(来週もきっと不具合でるけど、週末の北海道で発散させます。
それまでは全力で!)

審査に向けて少しづつ稽古が厳しくなってきた。
基本の四方投げ・天地投げ・入身投げ・一教・二教の技。

今日の目標↓
@一歩先ゆく稽古
  いつもの構えより10cm腰を低く、歩幅を広くする。
  普通よりも厳しい条件で稽古する。
Aモードの切り替え(茂木さんに習って)。
  仕事モード(PGモ、打ち合わせモ、テストモ、…)
  合気道モード(稽古モ、演武モ、…)
  遊びモード(初対面飲みモ、部活モ、…)
  ・・・・・etc
  より細かく脳のモードを増やしていく。
  脳も身体の一部だし、身体も意識の発生源である。

双手捕り呼吸投げ表・裏:指導者の一人(塩田先生の弟子)に教えてもらう。
やはりカラダがまとまって動いている。
軸も安定していて腹の重みがよく効いている。
うーむ。まだまだ遠いなぁ。

夜は、牛丼(並、つゆだく)+卵+ビール↓
081024_2139~01.jpg

さて、明日は楽しみな一日だ。
テンション高く遊んできます☆(空回りに注意)
posted by 色人 at 03:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

透明な力


PA0_0696.JPG

昔、立ち読みか誰かに借りて読んだけど文庫化されていたので
勢いで買ってしまった。
合気道の開祖=植芝盛平の師匠(の一人)でもある
大東流合気柔術武田惣角から
合気を習得した達人として知られる佐川幸義の歴史・技についての解説本。

合気」という言葉は、流派や人によって解釈が異なる概念だけど、
佐川先生によれば「相手の力を無効化する技術」のことである。
力が吸収されてしまった相手に、肩に力の入らない透明な力を加えれば
簡単に倒すことができる。
捕まれた箇所のみに力を集中して、
それ以外の部分は完全にリラックスした状態でなければできないらしい。
手をつかまれている状況ならまだわかるんだが、
この人はセーターをつかまれている時でも
自分はつかまずに相手を倒せたらしい・・・
一般の人だったらまず信じないでしょうね。

-----------------------------------------
今日の稽古

・合気道の技は、目線、胴体、足さばきの3つから成る。
・正面打ち一教(手首を掴む方の手を下に切り下ろすまで掴まない)、
・両手捕り入り身投げ(相手を見ない。相手の回転していく方向を見る。)、
・両手捕り天地投げ(天の手は引き込みながら相手を巻き込む。
     なめらかに手を回して投げる。入り身投げも同様だけど、
     後ろ足は前に向けて、腰を入れる。手ではなくむしろ足で投げる)
・両手捕り四方投げ(脇をあけない。剣を振りかぶるときもあけないだろ。)

081010_2132~01.jpg
夜は80円引きの牛丼大盛りとビール
(会社では新人歓迎会やっているのに俺はこんなんかい)

posted by 色人 at 03:35| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

1週間おきの稽古で上達すると思っているのか


今日は12月の審査に向けた稽古だった。
後・前回転・後回転受け身、体捌きはいつもどおり。
技はすべて、・・・なんだっけ、飲んだから忘れた、
えっとー、3つあったけど忘れた。
とにかく型審査に向けた基本の稽古だったのさ。

稽古でふつうよりも厳しい状況を作る。
正面で対峙しない、必ず半身で。半身の切り替え捌きが重要。

@両手捕り四方投げ
→剣の振りかぶり。もたれた手の手刀を張りながら、つかむ方の手は
親指を相手の脈に沿わせて絞り込んでつかむ(武田流でも習ったわ・・)。
崩す方向もまっすぐではなくて、少し横の方向。
目線はまずまず。(2週間前の中央体育館の教え)

A両手捕り入り身投げ、B正面打ち入り投げ
→かー、入り身投げは相変わらずできん。
相手の真後ろに入って、相手の正中線にぶつからないよにして
引きつけながら崩す。首の手がポイント。
だけどこれがなかなか。
でも目指す方向はわかった(ような気がする)。
ひきつける手の動きもOK。

C両手捕り天地投げ
→投げすぎて相手の人(初めて1年くらい)の頭を打ってしまった。
相手と場を見て稽古をしろ、俺。

D正面打ち一教
→一教の右手は、剣を振り下ろすように手刀で崩して、膝まで落ちたらつかむ。
鷹の爪でつかまない!鷹の爪は、これはこれで重要だけど、
相手が打ったあとに逃げるようでなければ、意味がない。
状況によって技は変わる。
合気道は剣の理を取り入れたとどの流派も言っているけれど、奥は深いっすね。
わかった気になるのが一番だめだと思う。

E肩捕り一教
→今日一番の稽古。
崩しは当て身をしつつ(ずらさない)、ななめに崩す。
ただし身体は当て身とともに前に出ていくようにする。
その後は大きく大きく前進しながら肩と腰の線を並行のまま、
一斉に回転させて、二教の手と一緒に相手の腕から崩す。前かがみ。
この動きが難しいけど、理にかなった動きだった。

F双手捕り呼吸投げ
→4月に入門してから初めての技(もちろん見たことはあったことはあるけど)。
先生の受けを取ったけど、キツい技っすねぇ。
自分も白帯だけど、他に経験がない方の白帯だと思いっきりかけられないのがもどかしい。
先生もいつも、けがをさせないようにって心配しているし。
他のだいぶ上の方にも言われたど(そしてわかっちゃいるが)
初心者との稽古が一番難しい。

G座技正面打ち一教
→座り技は難しい。でもこれって絶対、立技の一教とは足捌き(膝捌き)が違う気がする。

H座技呼吸法
→もっとじっくり稽古したい。いつも終わりにちょこっとするだけ。

とにかく一つの動作(剣のつかみ方、振りかぶり方、切り下ろし方)
をさらに細かく分割して、動きの中に隠されている合理的な論理を
突き詰めて理解していくしかない。
いったんそれがわかったら骨の髄までしみこませる。
また少し経ったあとに動きを分解すると、
これまでとは違った分解の仕方、さらに細かい分解に進める。
こういう稽古の基本がでてきないのかな〜。


夜はいつもどおり(?)、いつもの鳥てつで飲み会。
4人しかいなかったけど、自分が28歳で、先生が61で自分の親くらい、
他二人がその間に等分に位置していて、バランスのよいメンツだった。
テレビの話から最近のケータイやwebシステムの話まで、
まるで合気道とは関係ない話だけど、こうも世代がバランスよく揃っていると
やはり面白いものだ。
昔は、必ず毎週稽古後には飲みに行っていたようで、
どうやら生まれるのが遅すぎたみたい。


-------------------------
参考
多田塾
合気道多田塾稽古表
本部道場審査要項

posted by 色人 at 15:10| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。